NEW ARRIVAL



GUIDIの経年変化。

 

 

こんにちは。

本日の東京は晴れ。

 

5月にもなると日がだいぶ伸び18時頃でも

まだ明るさが残っていますね。

また、5月は稲作の本格的なシーズンになりますので

先日、実家のお米の種まきを手伝いました。

ファッションとは全く違うことなので新鮮な

気分になれました。

 

 

さて、GULLAMではセレクトショップとしては

とてもシューズの取り扱い数が多い

部類に入ると思います。

こちらブランド関係なく幾つか並べて

写真を撮ってみました。

こうしてみるとかなり圧巻ですねw

 

 

GUIDIが特に型数としては多くなっておりますが

他にはDIMISSIANOS & MILLERや

SUGINARI MORIMOTO、EMATYTE、

シューズ専門のブランドではありませんが

LEON EMANUEL BLANCKなどが御座います。

 

本日はその中からGUIDIの経年変化をご紹介させて頂きます。

GUIDIは経年により初めとは全く違った雰囲気になります。

人それぞれの履き方によってもシワ等の入り方が変わっていきますので

自分だけの一足になります。

 

私物で品番992(Classic Derby)という定番中の定番を

所有しているのですがこちら4年以上着用しております。

現在店頭にございますのは992Xというタイプもあり

こちらは992をベースとし、ワイズが若干広くなったモデルとなっております。

以前、Instagram用に動画を作ったものがございますので

宜しければこちらをご覧ください。

初めの画像が店頭にある新品になり切り替わった2枚目が

私物になります。

シワの入り方や光沢感など新品とは全く違う雰囲気です。

 

お手入れの仕方によっても変わると思うのですが

ほとんど乾拭きのみでたまにオイルを塗るぐらいで

あとはかなりスパルタに着用しましたw

ブラックなのでウオータースポットなども

気にならないと思いましたので雨の日でも使いました。

そのおかげかはわかりませんがかなり雰囲気が出ております。

 

こちら元画像です。

並べた方が見易いという方はこちらをご覧ください。

左が新品ストック、右が私物になります。

(スマートフォンからは上が新品、下が私物です。)

 

他には型番993も所有しております。

992と同じ木型のブーツタイプとなります。

こちらもワイズが少し広い993Xタイプが御座います。

まず新品の状態がこちらになります。

993Xです。

 

そしてこちらが私物の993のタイプです。

約1年半程、着用しております。

ダービーシューズ同様、シワが形成されております。

光沢感はダービーほどはなくほんのりと出ている程度です。

経年の違いはレザーの個体差なのか履き方、または年月なのかは

断定はできませんが同じ着用者でも経年の仕方が違いますね。

強いて言うなら、ダービーほどスパルタに履いてはいませんでした。

 

 

最後はGUIDI & ROSELLINIの方から。

GUIDI & ROSELLINIはGUIDIの元々の社名を冠した

ファクトリーブランドになります。

素材はバケッタレザーのみを使用したラインとなります。

ご紹介するのはリバース(裏側)を使用した

ダービータイプです。

まずは入荷時の状態。

リバースを使用しているにもかかわらずとても

なめらかな質感です。

 

 

経年変化はこちらが一番わかりやすいかもしれません。

約2年弱着用しております。

アッパー(靴の上部全般部分)には重厚なシワが入り

さらに全体的に色が濃くなっております。

リバースということとナチュラルなカラーだからこそ

このように変化してくるのだと思います。

使い方次第によってはこれからまだ濃くなるかもしれません。

通常のGUIDIとは違った味わいです。

 

 

GUIDIは様々な型が入荷しておりますが

定番中の定番である988. バックジップブーツも

現在店頭にございます。

こちらは経年変化の画像のご用意が御座いませんが

今まで紹介したタイプに負けない経年をしてくれます。

 

それぞれ異なった経年変化で

どちらの方がいいかというわけではなく

好み、スタイルなどによるかと思います。

私はGUIDIとGUIDI & ROSELLINIはどちらの雰囲気も好きです。

もちろん今回ご紹介しました型以外のモデルも

経年変化してくれますので

自分だけの一足を育てていただければと思います。

 

 

本日ご紹介いたしましたシューズはこちらになります。

No.992X. Classic Derby. BLKT ( Black ). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/130985.html

 

993X. Lace Up Boots. Horse Full Grain. BLKT(Black). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/155434.html

 

Morosino 1907 M. Vacchetta Reverse. CV NTR. DI GUIDI & ROSELLINI.

https://gullam.jp/shopping/112690.html

 

No 988. Back Zip Mid Boots. GUIDI. BLKT(Black).

https://gullam.jp/shopping/61913.html

 

宜しければご検討くださいませ。

それでは失礼いたします。

 

 

 

GUIDI. No19〜

こんばんは。 isikuraです。

 

本日の東京は目紛しく天気が変わりました。

晴れ〜雨〜晴れ〜曇り〜雨。

台風の影響で暖かい風。

日が暮れるのは早くなり、秋に近づいているのは確かです。。

感じ始めました「秋」

 

久しぶりにBlogを書くので入荷以外の内容で。

 

個人的な内容で。

私の2020AWの足元はGUIDI No19をローテーションの軸にしようかと思っております。

軸は無理か・・・軸では無いですね。

例年より多く出番がある予定に変えます。。

 

 

 

 

このGUIDI No19は定番商品ですが、秋冬には必ず追加するシリーズです。(少量)

 

が、GULLAMではかなりゆっくりと販売される商品です。(微妙な表現ですが)

 

atelier suppanやBIEK VERSTAPPEN等の染めに特徴のあるブランドと合わせたいですね。

 

GUIDI No19の特徴でもあるシューレースホール(フック、Dカン)の変色と錆がGUIDIらしいです。

 

偶にお客様でNo19を履いている方を見かけますが、心の中で『いいね!』と親指を立てております。

 

マウンテンブーツで有名なDannerのマウンテンライトやダナーライトも数足所有しておりますが、

 

GULLAMで扱っているブランドの服には・・・・な感じなんですよね。(主にアウトドアやバイクの時に履いてます)

 

やはり、GUIDI No19 Hiking Boots.  抜け感が良い感じです。

 

個人的な好みの話でしたので商品リンクも控えておきました。。

 

 

 

そして今週も入荷ラッシュになりそうです。

 

久しぶりにISAAC SELLAMを2020AWは買い付けました。

 

個人的には凄く良かったですね2020AWのISAAC SELLAM.

 

この数シーズンは取り扱い店舗を増やし、入荷して数ヶ月後には赤文字を貼られて

 

価値を落とされる。

 

そして、日本の取り扱い店舗は1,2件になり

1月に行われたパリ展でのアポイントは・・・

 

と言う連絡が入り行かせて頂きましたISAACのパリのアトリエに。

 

ときめきました。

 

ウィルス感染を警戒していない時期だったので

ガッチリ握手とハグを交わしてきました。

個人的に大好きな職人気質なブランド。

 

ISAAC SELLAM.

 

今週日本に到着予定です。

 

改めてご紹介させて頂きます。

 

 

 

そして、近日中にBASEMENTにて今進めている事、

今後のファッションへの考え等をひっそりとアップ致します。(今年は書きたくなる事が全く無かったので)

 

 

規制された日常ですが、規制の中で楽しみましょう。

 

 

個人的には「孤独を楽しむ」を最近は楽しんでおります。

 

 

それでは失礼致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GUIDIを着用しました。

 

こんばんは。

本日の東京は晴れ。

 

場所によっては気温が40℃近く上がった地域もあるようですね。

熱中症にはお気をつけ下さい。

 

本日は入荷しておりましたGUIDIをご紹介させていただきます。

なぜなのかわかりませんがGUIDIのお問い合わせや

店頭への来店、通販がここ数週間で非常に多くなっております。

そのため新入荷した商品もサイズ欠けなどが見られます。

気になっていました方は是非ご覧くださいませ。

 

商品をご紹介する前にGUIDIはブランドが設定した

最低販売価格(海外も含め全て)が決められており、弊社もその価格で販売しております。

今シーズンからは少し価格が上がってしまう品番も出てきており

10月30日までは現在の金額で、それ以降は上がってしまうものも御座います。

この価格移行期間はGUIDIが決めております。

弊社の商品ですと品番788Z,PL1,PL2が該当します。

それでセールスするつもりはありませんが

価格が価格なのでそれもお客様にとっては

検討材料になるのも事実かと思いますので先にお知らせいたします。

 

 

まずはGUIDI & ROSELLINIの商品からご紹介させていただきます。

GUIDO_OLD. Laced Up Boots. CV NTR. GUIDI & ROSELLINI.

https://gullam.jp/shopping/131369.html

1896年、ルジェロ・グイディの伝統的プロジェクトであるGUIDIの前身として

イタリア・トスカーナ州にて創業されたCONCERIA GUIDIE ROSELLINI社。

GUIDI & ROSELLINIはその名を冠したファクトリーブランドになります。

素材にイタリア産のバケッタレザーの使用するのが

このレーベルの特徴でこちらはリバース(裏側)を使用しています。

ソールは元々、ヴィブラムソール仕様となります。

 

 

経年変化が特徴的な素材で、使用していくにつれて色が濃くなり

全く違った雰囲気に仕上がります。

好みがあり、なかなか手が出しづらい色だと思いますが

経年変化は他の商品と比べると

個人的に群を抜いているかと思います。

経年がどのようになるかはネットで調べると

出てきたりもしますのでそちらをご参考ください。

※製品の特性上、色むら、細かなシワや傷などが御座いますことを

ご了承くださいませ。

 

サイズ感は甲の高さやワイズなど個人差がありますが

アウトソールは一般的なサイズとなっています。

通常size42を着用することが多いスタッフで

このモデルもsize42を着用しています。

 

 

短靴タイプも入荷しております。

Morosino 1907 M. Vacchetta Reverse. CV NTR. DI GUIDI & ROSELLINI.

https://gullam.jp/shopping/112690.html

 

 

今回新入荷したわけではありませんが

アンクル丈のタイプもストックが御座います

Ruggero 1906 M. Vacchetta Reverse. CV NTR. GUIDI & ROSELLINI.

https://gullam.jp/shopping/112751.html

 

GUIDI & ROSELLINIは扱っている店舗もほとんどありませんので

GUIDIに見に来られる方が多くなってきています。

 

 

続いてはGUIDIです。

こちらはGULLAMでは初入荷となるタイプです。

5305. Military Boots. Horse Culatta Full Grain. CV60T(Dark Brown). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/139309.html

レースアップの7ホールブーツ。

フロントはダブルソール仕様となります。

先の方はウィングチップのような穴かざりが施されており

GUIDIではこう言ったデザインがあるのも知らなかった人は

多いのではないでしょうか。

素材はイタリア産のホースクラッタのフルグレインレザーを使用しております。

ホースクラッタとは臀部からお尻にかけての部位で

通常のホースレザーより取れる量が少ないので

希少な部位となります。

フルグレインとは自然なまま、傷などを隠さず、鑢をかけたり、磨いたり、

スムースなどをしていないレザーになります。

カラーは今回から登場した新色のCV60T(Dark Brown)。

非常に深みのあるブラウンでかなりいい色味です。

画像ですとブラックに見えますが実物は深いブラウンを

感じていただけます。

 

オールドクラシックな雰囲気があり

いい意味で野暮ったく味わいがあります。

比較的、色々なブランドと合わせやすいのですが特に

弊社で取り扱いのあるGEOFFREY B. SMALLやatelier suppan、

BIEK VERSTAPPEN、Araki Yuuのようなブランドと

かなり相性が良くなっております。

 

 

CV60T(Dark Brown)のカラーでは992Xも入荷しております。

992X. Classic Derby. Horse Full Grain. CV60T(Dark Brown). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/139312.html

素材はイタリア産のホースのフルグレインレザーを使用しております。

前回から登場しました新型のダービーシューズ”992X”になります。

既存の定番モデル”992″をベースとし、ワイズが若干、

広くなったモデルとなっております。

 

こちらの品番にはGUIDIのロゴ入りのビブラムソールと

スペアのシューレースが付属しています。

ビブラムソールはお好みでお使いください。

 

定番中の定番モデルなので

GUIDIが初めてという方で購入されることが多いモデルです。

流行などもないので合わせやすく長く使われている方も

多いようです。

 

 

GUIDIはやはり何と言っても経年変化が特徴です。

馴染みやすく柔らかいレザーがほとんどなので

変化しやすく、自分だけのシワができていきます。

GUIDIをご紹介する際によく画像で説明させていただくのですが

(毎度の同じ画像になってしまいますが。。。)

画面向かって右側が私物、左側が新品になります。

表面の光沢が増し、シワもいい表情で入っております。

是非ご自身だけの経年を楽しんでいただければと思います。

 

 

992,992Xシリーズは他にこのようカラーの

ストックが御座います。

よろしければ商品ページからもご覧下さい。

 

992をベースとしたアンクルブーツタイプの993も

入荷しております。

No.993. Laced Up Boots. BLKT( Black ). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/119947.html

 

こちらは私自身も私物でもっております。

使いやすい形で一年中ご使用いただけます。

 

 

続いてはブランドの定番中の定番である

バックジップブーツタイプです。

No 988. Back Zip Mid Boots. GUIDI. BLKT(Black) .

https://gullam.jp/shopping/61913.html

GUIDIといえばこれと思う方も多いのではないでしょうか。

やはりこのモデルを見に来る方は多いですね。

素材はホースレザー、ジップはYKK社の

最高級エクセラジップを使用しています。

 

着用すると足首にフィットし、足と一体になったかのような

着用感です。

甲に出る綺麗なシワが特徴的で

しばらく使っていると、脱いでも抜け殻のように

シワが形成され残ります。

流行などもなく、スリムやワイドなどのどのパンツとも

合わせやすくスタイルを選ばないのが

人気の秘密かもしれません。

個人購入する前にいつもsold outしてしまうので

実は私物では持っていません。。。

 

同じくバックジップタイプですが

こちらはソールがダブルのタイプになります。

こちらの方が少しモード感があるかもしれません。

この辺はお好みになってきます。

ソールがダブルの分、こちらの方が迫力があるかもしれません。

No 788Z. Back Zip Mid Boots. GUIDI. Black

https://gullam.jp/shopping/30635.html

 

 

 

バックジップではこちらの

初めからビブラムソール使用のタイプも御座います。

No 788V. Back Zip High Boots. BLKT(Black). GUIDI.

 

次はこちらも定番のフロントジップタイプです。

このモデルも最近は見に来られる方が多いですね。

No PL2. Mid Front Zip Boots. BLKT(Black). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/85317.html

素材はホースレザーです。

フロントジップの場合はソールがダブルソールのタイプのみの

展開です。

 

スリムやジョッパーズパンツ、ワイドパンツなど

こちらも合わせやすいのが特徴です。

Instagramで見るのもバックジップが多くなってきたような気がします。

 

丈が短くなったPL1も入荷しております。

No PL1. Front Zip Boots. BLKT(Black). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/48014.html

 

写真のようにジップを少し下げて

着用することも可能です。

こうすることでまた見え方が変わってきますね。

 

 

最後はレディースになります。

こちらはバックジップの後ろのソールのみダブルソールとなっております。

レディースは日本では取り扱っているところが少ないためか

最近は女性の方も多く見に来られます。

Women. No 788. Back Zip Mid Boots. Thick Heek Leather. GUIDI. Black

https://gullam.jp/shopping/85286.html

 

レディースは他にはこちらもタイプも御座います。

Womens. PL1. Soft Horse Full Grain. BLKT(Black). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/112698.html

 

Womens. PL1. Soft Horse Full Grain. CO00T(Off White). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/112696.html

 

Womens. 310. Soft Horse Full Grain. BLKT(Black). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/112676.html

 

Womens. 788. Soft Horse Full Grain. 1006T(Red). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/112685.html

 

 

今回は以上となります。

GUIDIは本日ご紹介しましたもの以外のも

様々な形のストックがあり、シューズ以外にもバッグ類が御座います。

宜しければそちらもご覧くださいませ。

https://gullam.jp/shopping?brand=GUIDI

 

 

シューズについてはサイズ感がやはり

一番分かりにくいかと思いますので

ご不明な点がございましたらお問い合わせくださいませ。

コンタクトフォーム

それでは失礼いたします。

 

 

 

BLOG

NEWS

BRAND LIST

SHOES & BAG

ACCESSORY

LIFE & INTERIOR

Translate