NEW ARRIVAL



Node by KUDO SHUJI.

 

 

 

こんにちは。

最近は服続きのご紹介でしたので

今回はアクセサリーのNode by KUDO SHUJIから

幾つかピックアップしてご紹介させて頂きます。

 

Node by KUDO SHUJIは日本のシルバージュエリーです。

「身に着ける彫刻」をテーマとし、メンズはもちろん

ユニセックスとしてもお使いいただけます。

基本的にデザインは一切せず、「イメージが先にあって、物体を作って

それを身につけられるように凝縮する」という独自の

アプローチからデザインを作っていきます。

 

岩石のようなごつごつした部分とシルバーの光沢感が対照的なテイストで

あえて相反するものが隣り合うことにより、より魅力的なものになります。

アウトラインの角が取れたり、また

シルバーは基本使っていくうちに黒ずんでいく素材ですが、

ものによっては黒くマットに仕上げた加工にすることにより

徐々にシルバーに色を取り戻し身につけながら完成させていき

人とアクセサリーの時間の流れを共有できるデザインを心がけています。

 

 

それではいつくか商品をピックアップしてご紹介させて頂きます。

 

P-60. Silver 925. Node by KUDO SHUJI.

https://gullam.jp/shopping/150656.html

こちらはトップ部分が独立した二つのパーツを重ね合わせています。

重ね合わせたままはもちろん、どちらか一方を外すことができ

違ったつけ方をすることが可能となっています。

黒く加工している部分は経年とともに

下地のシルバーが見えるようになります。

チェーンの長さは60cmとなります。

 

 

 

P-61. Silver 925. Node by KUDO SHUJI.

https://gullam.jp/shopping/150653.html

楕円形の立体的な構造のネックレス。

光沢のあるシルバーではなく、磨きをかけることにより

マットな質感に仕上げています。

チェーンの長さは60cmとなります。

 

 

 

 

R-102. Silver 925. Node by KUDO SHUJI.

https://gullam.jp/shopping/150658.html

一つのリングと思いきや、二つのリングから構成されています。

合わせても、それぞれ単体でもお使い頂けるので

つけ方の幅がとても広がるリングです。

造形を得意とするNode by KUDO SHUJIならではの

作品となっております。

黒く加工している部分は経年とともに

下地のシルバーが見えるようになります。

 

 

 

 

R-101. Silver 925. Node by KUDO SHUJI.

https://gullam.jp/shopping/150660.html

こちらも二つで一つになるリング。

角張ったデザインになっております。

 

 

 

R-100. Silver 925. Node by KUDO SHUJI.

https://gullam.jp/shopping/150662.html

こちらも二つで一つになるリング。

今回の中で一番小ぶりです。

 

 

 

 

最後はバングル。

BR-24. Silver 925. Node by KUDO SHUJI.

https://gullam.jp/shopping/135312.html

空間、光沢、マットな質感などNode by KUDO SHUJIの

特徴が詰まったバングルです。

それぞれのコントラストがバランスよく

合わさり独自の雰囲気になっております。

 

 

BR-23. Silver 925. Node by KUDO SHUJI.

https://gullam.jp/shopping/135314.html

全体にブラックに加工を施したバングル。

使用していくうちにシルバーになっていきますので

人との時間の流れを共有でき、経年で完成するバングルです。

 

 

アクセサリーがだんだんと活躍する時期が近づいたせいか

店頭にもアクセサリーを見に来られる方が多くなってきました。

Node by KUDO SHUJIは本日ご紹介した商品以外にも

数多く御座います。

下記のリンクよりご覧いただけます。

https://gullam.jp/shopping?brand=Node

 

また、sold outしているものでも受注生産が可能となっております。

製作期間は7日~10日前後頂きます。

宜しければご検討くださいませ。

それでは失礼いたします。

 

 

 

GUIDIの経年変化。

 

 

こんにちは。

本日の東京は晴れ。

 

5月にもなると日がだいぶ伸び18時頃でも

まだ明るさが残っていますね。

また、5月は稲作の本格的なシーズンになりますので

先日、実家のお米の種まきを手伝いました。

ファッションとは全く違うことなので新鮮な

気分になれました。

 

 

さて、GULLAMではセレクトショップとしては

とてもシューズの取り扱い数が多い

部類に入ると思います。

こちらブランド関係なく幾つか並べて

写真を撮ってみました。

こうしてみるとかなり圧巻ですねw

 

 

GUIDIが特に型数としては多くなっておりますが

他にはDIMISSIANOS & MILLERや

SUGINARI MORIMOTO、EMATYTE、

シューズ専門のブランドではありませんが

LEON EMANUEL BLANCKなどが御座います。

 

本日はその中からGUIDIの経年変化をご紹介させて頂きます。

GUIDIは経年により初めとは全く違った雰囲気になります。

人それぞれの履き方によってもシワ等の入り方が変わっていきますので

自分だけの一足になります。

 

私物で品番992(Classic Derby)という定番中の定番を

所有しているのですがこちら4年以上着用しております。

現在店頭にございますのは992Xというタイプもあり

こちらは992をベースとし、ワイズが若干広くなったモデルとなっております。

以前、Instagram用に動画を作ったものがございますので

宜しければこちらをご覧ください。

初めの画像が店頭にある新品になり切り替わった2枚目が

私物になります。

シワの入り方や光沢感など新品とは全く違う雰囲気です。

 

お手入れの仕方によっても変わると思うのですが

ほとんど乾拭きのみでたまにオイルを塗るぐらいで

あとはかなりスパルタに着用しましたw

ブラックなのでウオータースポットなども

気にならないと思いましたので雨の日でも使いました。

そのおかげかはわかりませんがかなり雰囲気が出ております。

 

こちら元画像です。

並べた方が見易いという方はこちらをご覧ください。

左が新品ストック、右が私物になります。

(スマートフォンからは上が新品、下が私物です。)

 

他には型番993も所有しております。

992と同じ木型のブーツタイプとなります。

こちらもワイズが少し広い993Xタイプが御座います。

まず新品の状態がこちらになります。

993Xです。

 

そしてこちらが私物の993のタイプです。

約1年半程、着用しております。

ダービーシューズ同様、シワが形成されております。

光沢感はダービーほどはなくほんのりと出ている程度です。

経年の違いはレザーの個体差なのか履き方、または年月なのかは

断定はできませんが同じ着用者でも経年の仕方が違いますね。

強いて言うなら、ダービーほどスパルタに履いてはいませんでした。

 

 

最後はGUIDI & ROSELLINIの方から。

GUIDI & ROSELLINIはGUIDIの元々の社名を冠した

ファクトリーブランドになります。

素材はバケッタレザーのみを使用したラインとなります。

ご紹介するのはリバース(裏側)を使用した

ダービータイプです。

まずは入荷時の状態。

リバースを使用しているにもかかわらずとても

なめらかな質感です。

 

 

経年変化はこちらが一番わかりやすいかもしれません。

約2年弱着用しております。

アッパー(靴の上部全般部分)には重厚なシワが入り

さらに全体的に色が濃くなっております。

リバースということとナチュラルなカラーだからこそ

このように変化してくるのだと思います。

使い方次第によってはこれからまだ濃くなるかもしれません。

通常のGUIDIとは違った味わいです。

 

 

GUIDIは様々な型が入荷しておりますが

定番中の定番である988. バックジップブーツも

現在店頭にございます。

こちらは経年変化の画像のご用意が御座いませんが

今まで紹介したタイプに負けない経年をしてくれます。

 

それぞれ異なった経年変化で

どちらの方がいいかというわけではなく

好み、スタイルなどによるかと思います。

私はGUIDIとGUIDI & ROSELLINIはどちらの雰囲気も好きです。

もちろん今回ご紹介しました型以外のモデルも

経年変化してくれますので

自分だけの一足を育てていただければと思います。

 

 

本日ご紹介いたしましたシューズはこちらになります。

No.992X. Classic Derby. BLKT ( Black ). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/130985.html

 

993X. Lace Up Boots. Horse Full Grain. BLKT(Black). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/155434.html

 

Morosino 1907 M. Vacchetta Reverse. CV NTR. DI GUIDI & ROSELLINI.

https://gullam.jp/shopping/112690.html

 

No 988. Back Zip Mid Boots. GUIDI. BLKT(Black).

https://gullam.jp/shopping/61913.html

 

宜しければご検討くださいませ。

それでは失礼いたします。

 

 

 

thom/krom:MSJ451B.

 

こんにちは。

本日の東京は晴れ。

 

今日はthom/kromからこちらのライトジャケットを

ご紹介させていただきます。

まずは商品の仕様から。

MSJ451B. Stretch Nylon Bomber Jacket. Marble. 2021SS. thom/krom.

https://gullam.jp/shopping/153870.html

素材はElastaneを配合のナイロン素材ストレッチ性にがあり

軽量な仕上がりです。

素材にタイダイ染めを施しております。

 

袖口と裾はリブになっており、袖口にはサムホールがあ。

サイドにポケットが二つ、右胸と左腕にはジップ式の

アウトポケットが付いています。

 

シルエットはゆったりめ。

ノーライニング仕様です。

 

 

店舗が渋谷なのでその周辺に限った気候になっていしまいますが

東京は昼間はだいぶ暖かくなっておりますが

朝晩はまだ意外と寒く、ライトアウターが欠かせない日が続いております。

こちらのthom/kromは軽量でなおかつナイロンのドライタッチな質感なので

そうした日本の気候にはとても重宝していただける商品です。

もちろんまだアウターをメインとする方もいらっしゃると思いますので

なおさら使えるライトジャケットです。

こちらは入荷時の着用です。

もともと少しゆったり目なサイズ感なので

湿気が多い日本では今はこのぐらいのゆとりがある方が

個人的には助かります。

model   169cm 60kg   sizeS

 

 

こちらは最近、別の合わせ方で着用しました。

暖かくなってきましたので着用画像のように

袖をまくって着用するのも宜しいかと思います。

袖口がリブなのでまくってもしっかりと固定されます。

また、秋冬と違って薄着になり幅が比較的狭まりやすいので

そういった時期こそこのような柄物が役に立ってくれると思います。

(私も春夏は柄物を着ることが多くなります。)

model   169cm 60kg   sizeS

 

 

今回ご紹介しましたジャケットは今はもちろん

秋にもお使いいただけます。

ご検討いただければ幸いです。

それでは失礼致します。

 

 

 

BLOG

NEWS

BRAND LIST

SHOES & BAG

ACCESSORY

LIFE & INTERIOR

Translate