NEW ARRIVAL



DEVOAのコート。

 

 

こんばんは。

11月に入りコートなどのアウター類に意識が行く方も

多くなってきたのではないでしょうか。

 

今回はDEVOAのアウター3点をそれぞれご紹介させていただきます。

素材、シルエット、サイズ感がそれぞれ異なりますので

その特徴をご紹介させていただきます。

 

 

CTW-SCJ. Long Jacket Wool Silk Crazy Check. Black. 2020AW. DEVOA.

https://gullam.jp/shopping/142436.html

まずご紹介させていただくのはこちらのロングジャケット。

ロングジャケットという名前ですがいわゆるチェスターコートになります。

チェスターコートでも昨今の流れですとオーバーサイズのタイプのものが多いですが

こちらはDEVOAらしくすっきりとしたシルエット、サイズ感で

製作されています。

 

 

素材は経糸にシルク、緯糸にウールを使用し

クレイジーチェック柄で製作しています。

メイドインジャパンの素材となります。

モノトーンですがクレイジーチェック柄なので

シックな雰囲気がありながらも面白さも与えてくれる素材です。

 

 

 

 

ワンボタンタイプでボタンにはホーン(水牛の角)を使用しています。

天然素材なのでボタン自体にムラがあり一個一個異なります。

サイドにはポケット付き。

以前DEVOAのパンツをご紹介した際も書いたのですが

ポケットが深めに製作されています。

大きさだけで考えると長財布なども入ってしまう大きさです。

 

裏地はブラウン系のコットン素材を使用しています。

内側の左胸にはジップタイプの内ポケットがあります。

もちろんこちらも深めに製作されています。

 

 

身頃の裏地はコットンですが

袖の裏地はオリジナル柄がプリントされた

シルク素材を使用しているので袖を通すときの滑りが良くなっています。

 

 

すっきりとしたシルエットなので細身のパンツとの相性が非常に

良くなっています。

緩めが多い中、こういったスタイルは新鮮に感じてしまいます。

サイズ感は私(169cm 59kg)で通常は size1を着用。

冬などは厚手にニットなどを見ることがあると思いますが

厚手のものでも着用できるゆとりはあります。

テーラードジャケットなどをインナーに合わせる場合は

さすがにサイズ1はきつめなのでsize2を着用いたします。

サイズ感はインナーに何を合わせるか次第なところがあります。

 

 

素材感はシルクも混紡されているので滑らかさもあり

ウールのしっかりとした適度な厚みがございます。

 

 

CTI-SGS. Coat Wool Canapa Soft Gabardine. Black. 2020AW. DEVOA.

https://gullam.jp/shopping/138975.html

続いてはこちらのステンカラータイプのコート。

デザインや素材はもちろん先ほどのコートとは変わるのですが

サイズ感も異なりなどの違いがあります。

 

 

フロントはボタンはホールタイプではなく糸ループタイプとなります。

 

裏地の素材や内ポケットなどはチェスターコートと同じです。

 

 

 

チェスターコートとデザインや素材以外での一番大きな違いはサイズ感です。

こちらはインナーに同素材のジャケットを着ていますが

コートも含め全てサイズ1を着ています。

先ほどのチェスターコートですと中にジャケットを着るには

 ワンサイズ上げなければなりませんでしたが

こちらのコートはジャケットと同じサイズで着用することができます。

ルーズというほどのサイズ感ではありませんが程よいゆとりがあります。

 

 

素材はイタリアの高級老舗ファブリックメーカーFaliero Sarti社によって

Virgin WoolとCanapa (麻の一種)で製作されたギャバジン。

以前、同素材のパンツをご紹介させて頂いた時に

素材の動画を載せていましたが

今回はコートでも撮りました。

 

 

 

 

 

CTK-RFW. Hooded Coat Virgin Wool Compressed. Black. 2020AW. DEVOA.

https://gullam.jp/shopping/141421.html

最後はこちらのフーデッドコート。

今までのコートとはまた異なった雰囲気でサイズ感も一番ゆったりとしています。

 

 

 

フロントはボタンループ使用で、二段階の調節が可能です。

 

 

裏は今までのコートとは異なり、前身頃のみ裏地が付いていまして

後ろ身頃と袖には付いていません。

特に滑りが悪いという素材ではありませんので袖も問題なく通ります。

裏地をつけていない部分が多いのは

憶測になりますが一枚にすることにより少しでも素材を

軽やかに見せたかったのではないかと思います。

 

 

このコートで特に特徴的な部分がフード部分です。

長くDEVOAを見てきている方なら知っているかもしれませんが

フードはDEVOAの代表的なディティールです。

立体的にパターンを製作、さらに素材を2枚重ねることにより

下げた状態や被った状態でも綺麗な形を保ってくれます。

 

 

 

 

サイズ感は本日ご紹介しましたコートの中で一番多くゆとりがあり

オーバーサイズで製作されています。

普段、size2をきている方でもsize1を着用することもできると思いますが

バランス良くは製作されているので特にサイズを下げる必要はないかと思います。

インナーを着込まれる方には特にです。

 

 

素材は圧縮したヴァージンウールを使用。いわゆるメルトン系の素材になります。

製作はイタリアの高級老舗ファブリックメーカーFaliero Sarti社。

肌触りはコシのあるメルトンではなく柔らかい風合いなので

ハリがあってピンとなるのではなく裾の広がりがナチュラルな表情になります。

 

 

今回は以上となります。

それぞれ異なった特徴のコートをご紹介させていただきました。

ちなみに全て価格は同額で¥90,000+taxとなります。

サイズ感は小さい方からCTW-SCJ(チェスター)→CTI-SGS(ステンカラー)→CTK-RFW(フード)

となります。

ご検討いただければ幸いです。

 

ご不明な点等ございましたら

お気軽にメールかお電話でお問い合わせください。

コンタクトフォーム

 

 

 

ROGGYKEIのアイテム。

 

こんばんは。

本日の東京は晴れのち雨。

 

日中は暖かく陽気な気候でしたが

夜からは雨が降り出し気温も下がり始めました。

 

本日は入荷しているROGGYKEIの中から

いくつかピックアップをして素材感など詳細をご紹介させていただきます。

 

 

ROGGYKEIといえば独特なフォルム、またジェンダーレスな雰囲気が特徴的です。

最初にご紹介いたしますZERO COATもそれを体現したアイテムで

同時にZEROシリーズはブランドの代表的なシグネチャーアイテムでもあります。

 

平面に置くとZEROの形に。

初見でこれを見るとびっくりします。w

 

袖部分は拡大するとこうなっています。

ZEROを描いたシルエットに袖が途中から組み込まれています。

 

シルエットだけでなくボタンにもちょっとしたこだわりが。

こちらはホーンボタン。

カットした後に細かい竹と綿の実と一緒に樽に入れ、およそ24時間回し

ツヤを出しています。

天然素材であることと加工方法により一点一点雰囲気が異なっています。

 

 

ポケットもしっかりとあります。

深さはスマートフォンを置いている位置まであり

一番深いところでおおよそ15cmほどありますので

通常のポケットとしして使うことができます。

 

ZEROの独特なフォルムは立体になると無数のドレープを生み出します。

素材によってもドレープの雰囲気が変わるのですが

この素材は柔らかな風合いなので優しい落ち感のあるドレープとなります。

 

 

もちろん裏地付きです。

左胸には小物を入れる内ポケットが御座います。

スマートフォンなどの小物を入れるのに最適なサイズ。

おおよそ10cm前後になります。

 

 

こちらはブランド公式ルック。

ROGGYKEIはジェンダーレスなブランドなので

女性の方も着用していただけます。

ちなみに入荷しているコート(sizeS)の着丈は約116cm。

肩幅や身幅は特殊な形状のため計測が出来ません。

こちらはわかりにくいですが男性モデルの着用です。

 

 

素材はヘリンボーン柄のウールベースの混紡素材を使用。

ウールにはハリと軽さを持たせるためにシロップシャー(ソフトで弾力のある英国羊毛)と

上質原料によるなめらかさが特徴のジーロンファーストラム

(オーストラリア、ジーロン地方の羊毛)を使用した素材です。

糸は海外種のものを使用していますが

生地に仕上げているのは毛織物産地として歴史のある日本の尾州地方で製作しています。

柔らかくふっくらとし温かみのある素材です。

商品はこちらからご覧いただけます。

https://gullam.jp/shopping/138421.html

 

 

 

ZEROシリーズと同じく

ブランドの代表作であるのがCircleシリーズ。

こちらはCircleシリーズのLong sleeve T-shirtです。

こちらは平面に置くとその名の通りCircleシルエットになります。

こちらも毎シーズン人気のあるタイプです。

 

 

袖のつくりなどは基本的に先ほどの

ZEROコートと同じようなつくりで

サークルのシルエットに袖を途中から組み込んでいます。

 

こちらも着用するとドレープができ

一枚でも存在感があります。

形通り身幅などゆったりとしていますが、

アウターはぴったりとしたものでなければ

意外と同じROGGYKEIでなくとも着用することができてしまいます。

着丈はsizeSで約89smです。

 

素材はコットン100%で、

太番手の空気を含ませた空紡⽷を使⽤しシャリ感のある

度詰⽣地に仕上げた天竺を使用しています。

コシがありしっかりとしていますが

使用していくうちにつれヴィンテージのような風合いになっていきます。

 

着用等はこちらからご覧いただけます。

https://gullam.jp/shopping/138259.html

 

 

 

続いてはシャツ。

こちらはZEROやCircleなどと比べると

オーソドックスなシルエットになり、こういったものも展開しております。

デザインとしては見ていただけるとわかる通り

前面に配置された4つのポケットが特徴です。

 

 

ポケットとしての機能もしっかりとあり

スマートフォンと比べるとこのようなサイズ感です。

 

 

身幅はROGGYKEIの世界観らしくゆったり目な

サイズですが袖は意外と普通な太さになっております。

なのでアウターに袖を通すときにあまりかさばりません。

 

 

公式LOOKでも使われているアイテムです。

 

 

素材は日本有数の先染産地である西脇産のムラ糸コットンにリネン糸をブレンドした先染生地に

タンブラーフィニッシュ(タンプラー乾燥)を施しています。

先染ならではのムラ感とワッシャー加工で揉み込んだソフトな風合いが特徴です。

タッチとしてはリネンの質感が強く、春秋冬と長いシーズン使うことができます。

ポケット部分はコットンとポリウレタン素材。

 

着用等はこちらからご覧いただけます。

https://gullam.jp/shopping/138400.html

 

 

 

続いてはパンツ。

ROGGYKEIのパンツといえばZEROパンツや

SOLID  ZEROパンツと言う代表的なものがありますが

今回GULLAMで入荷しているのはシンプルな

ワイドストレートパンツ。

ZEROパンツに比べるとインパクトで負けてしまうかもしれませんが

その分汎用性の高いシルエットで

例えばですがレザージャケットなどとも相性が良くなっています。

商品ページではフルレングスの状態で掲載していますが

こちらのようにロールアップして着用していただくことも可能です。

 

 

 

フロントのトップボタンにはこちらもホーンボタンを使用しています。

ちなみにウエストはsizeSで約39cmほど。

例えばDEVOAでいうとsize1ぐらいの感覚です。

私(169cm  59kg)でウエストはジャストサイズでした。

 

バックポケットはフラップ式のタイプで

こちらにもホーンボタンを使用しております。

 

こちらは裏側。

見ての通り裏地がなく、また素材がリネンコットンなので

春秋冬と3シーズン対応が可能です。

 

 

素材は太番手の混紡糸を使用したざっくりとしたギャバジン。

硫化染料を使用した染色を施し、最終加工でワッシャー加工(シワ加工)をすることにより

ヴィンテージ感のある風合いに仕上げています。

着用や洗濯にて風合いがよくなり、色のフェード感やアタリ/スレの経年変化

をお楽しみ頂ける素材になります。

 

着用等はこちらからご覧いただけます。

https://gullam.jp/shopping/138406.html

 

 

本日は以上となります。

ROGGYKEIは今回ご紹介した商品以外にも

御座いますので宜しければそちらもご覧くださいませ。

https://gullam.jp/shopping?brand=ROGGYKEI

 

それは失礼いたします。

 

 

 

Instagramの新たなアカウントを開設いたしました。

メインアカウントとは別に、こちらでは掲載した商品にすぐ

アクセスできるショッピング機能を搭載しております。

宜しければフォローをお願い致します。

アカウント名はgullam_onlinestoreになります。

URLはこちらになります。

https://www.instagram.com/gullam_onlinestore/

 

 

DANIEL ANDRESENが入荷いたしました。

 

 

こんばんは。

DANIEL ANDRESENから新作が入荷いたしましたので

ご紹介させていただきます。

 

DANIEL ANDRESENはファッションの名門、アントワープ王立芸術学院卒業後

様々なブランドで経験を積み自身のブランドを立ち上げました。

ブランドが特に得意とするのがニットウェアです。

様々なナチュラル素材を多用し、自身のアトリエにある

ヴィンテージ編み機で製作しています。

 

デザイン自体はシンプルなものが多く

素材を生かしたものづくりをしています。

ヤーン(織り糸)を一から厳選し、紡績(織物を作る作業)も自身で

選んだ加工場にて製作するなどテキスタイルの雰囲気に特にこだわっています。

今回入荷したのはニットウェアがメインになり

どれも雰囲気のある素材に仕上がっております。

 

 

67-1855. Knitted Buttoned Cardigan Jacket. Charcoal. DANIEL ANDRESEN.

https://gullam.jp/shopping/147188.html

こちらはカーディガンジャケット。

ニット素材なのでカーディガンのようにサッと羽織れますし

肉厚なのでジャケットとしても着用していただけます。

素材はヴァージンウール、コットン、リネンの混紡素材。

また、ニットの全てのピースがアントワープの自身のスタジオにて

日本製の手編み機で編まれています。

 

 

ニットですが毛羽立ちを感じさせず滑らかなタッチで

ニットでありがちなチクチクとした感覚もありません。

素材にこだわっているだけあって見た目も触り心地も

いい素材なのがわかります。

 

サイドにポケット。

伸びがあるニットというよりはキックバックがある

素材なのでポケットを使用して伸びてしまうことも

そんなにないと思います。

 

フロントの開きはボタン仕立てになります。

ボタンはホーンボタン、ボタンホールはハンドステッチで製作。

 

 

ここのブランドの場合、ルーズフィットなサイズ感なものが多く

こちらのニットもゆったり目となっています。

着用モデルはsizeMを着ていますが実際はSでも

問題なく着用することができます。

よりルーズに着られたい場合はサイズを上げるのも

オススメでございます。

カラーはチャコール。

肉厚なので春秋冬とお使いいただけます。

*  model   177cm 67kg   sizeM

 

デザインはシンプルそのもの。

それが素材の良さをまた引き立ててくれます。

 

 

7-1851. Knitted Cardigan Jacket. Brown. DANIEL ANDRESEN.

https://gullam.jp/shopping/147195.html

こちらもカーディガンジャケット。

先ほどのはジャケット要素が強かったですが

こちらはカーディガンとしての要素が強いかもしれません。

フロントワンホックのシンプルなデザイン。

素材はチベット高原に住むベイビーヤクを使用しています。

 

シルエットは初めのご紹介したニットに比べると

よりルーズ目なサイズ感となります。

その分ドレープもできやすく、ホックを留めるいつで

シルエットを変化せることができます。

 

 

素材感、シルエットの他に特徴的なのが色です。

濃いブラウン系の色味になり、色物ですが

渋く落ち着き、色気があり個人的にはかなり好きなカラーリングです。

こちらはsizeSを着用しました。

sizeSでもまだ余裕のあるサイズ感です。

(もともとゆったり目に着るよう製作されています。)

 model   177cm 67kg   sizeS

 

 

同じ型でBlackも入荷しております。

37-1851. Knitted Cardigan Jacket. Black. DANIEL ANDRESEN.

https://gullam.jp/shopping/147190.html

 

 

こちらはsizeMを着用しました。

model   177cm 67kg    sizeM

 

 

ニットキャップも今回、2種類入荷しております。

31-1850. Cashmere Knitted Beanie. Asphalt. DANIEL ANDRESEN.

https://gullam.jp/shopping/147200.html

素材はカシミア100%なので非常に滑らかなタッチです。

リブのようなパーツは折り上げて着用していただけます。

 

糸は少しローゲージで厚めなので

保温性という実用的な面も期待できます。

 

 

こちらBlackも入荷しております。

31-1850. Cashmere Knitted Beanie. Black. DANIEL ANDRESEN.

https://gullam.jp/shopping/147197.html

 

こちらは別のタイプになります。

68-1855. Knitted Beanie. Charcoal. DANIEL ANDRESEN.

https://gullam.jp/shopping/147204.html

素材はヴァージンウール、コットン、リネンの混紡素材。

一番初めにご紹介しましたニットウェアと同じ素材です。

 

 

こちらもブラックがございます。

68-1855. Knitted Beanie. Black. DANIEL ANDRESEN.

https://gullam.jp/shopping/147202.html

 

 

DANIEL ANDRESENは以上となります。

これで今季はGEOFFREY B. SMALLを残すのみになりました。

ご検討いただければ幸いです。

それでは失礼いたします。

 

 

 

 

BLOG

NEWS

BRAND LIST

SHOES & BAG

ACCESSORY

Translate