NEW ARRIVAL

イタリアのシューズレーベル、EMATYTEが入荷しました。

こんばんは。

本日も昼間から非常に寒く冬本番になってきました。

12月初めは夏日のような日もありましたので

この寒さを忘れていました。

 

本日は、新たに入荷しましたイタリアのシューメーカー

“EMATYTE”のご紹介をさせて頂きます。

 

日本ではあまり聞き馴染みのないブランドかと思いますが

そのつくりは芸術的と言っても過言ではないかもしれません。

 

まずは簡単ではありますがブランドの説明を。

簡単と言いながらやや長めです・・・

EMATYTEは昔ながらの伝統的な手法と独自の美学によって作られる

イタリア(フィレンツェ)のハンドメイドによるシューズのレーベルです。

全ての工程を、デザイナー自らが行い、仕上げているブランドで、その技術力の高さは、

ソールにウッドネイル(木釘)を使用しており、ハンドメイドでしか

なし得ない技術の高さが、みて取れます。伝統に

忠実でありながら独自の感覚、快適さ、

そして味のある雰囲気など全てのハーモニーを大切にし、

1足1足がまるでアートワークになるようEMATYTEは様々な試作を試みています。

時代の超越とコンテンポラリーな精神、そして新と古を繋ぐブランドです。

 

EMATYTEは少し前まで違った製法で製作していましたが

GULLAMで入荷したものは新たな製法で製作したもので

作り込みも従来の倍以上のものとなっています。

そのため入荷したものは従来のものよりも価格がやや上がっております。

従来の製作方法ではもう製作しておらず

よりグレードアップしたものになっておりますので

その点を加味していただければ幸いです。

 

初めは日本ではあまり聞きなれない製法で

製作されたこちらのブーツから。

SNH5. Horse Leather Culatta Norwegian Lace up Boots. Black. EMATYTE.

https://gullam.jp/shopping/93232.html

製法はかなり珍しいノルベジェーゼ(ノルウィージャン)製法で縫われています。

通常のノルベジェーゼは、中縫い、本縫いを縦と横に一本ずつ入れる

非常に手間のかかった方法になります。

さらにこのモデルでは、中縫いに加えて、5針、外縫いが入り、機械縫いでは

実現不可能なハンドメイドでしか作り得ない

高い技術力がなし得るモデルになります。

ノルベジェーゼはその気密性の高さから、アウトドアシューズに

よく使用されており、堅牢な作りになっております。

使用されている太番手の綿糸は、対応する針がない為、機械で縫うことができず

そこからもハンドメイドであることがとって見えます。

 

 

アッパーは、イタリア、トスカーナ州のタンナーの

最高級ホースクラッタレザーで、鞣された後、暗く光が入らない蔵の中で

適切な湿度を加えながら、経年させていくことで、より深い色が出ています。

ソールもイタリアの、トスカーナ州のタンナーのもので

バッファローレザーを使用しております。

馴染みやすさと、特に内踏まず部分のフィット感が素晴らしく

足入れの良さが特徴です。

 

ソールのカッティング、ウッドネイル(木釘)の打ち込み

削り込み、磨きだし、染色はもちろんすべてデザイナー自ら行っています。

 

特に圧巻なのがこのコバの上に施されたハンドステッチ。

まさに芸術的な仕上がりです。

靴の中に手を入れて縫うのですが、手が大きい職人だとまず縫うことができず

とても大変な作業になります。

また、アッパー部分の曲線美もとても素晴らしく

靴ですが思わず眺めていたくなるほどです。

 

 

付属の配慮も素晴らしくスペアのシューレースが付いております。

収納されていたボックスも手が込んでいてブランドの

熱意がここからも伝わってきます。

 

 

上記のシューズはブランドの意向により価格掲載を

控えております。

価格に関しましては コンタクトページよりお問い合わせをお願い致します。

他の入荷いたしましたシューズは通常通り価格を表示しております。

 

続いてはグッドイヤー製法で製作されたシューズ。

T5H0AB. Horse Leather Culatta Lace up Boots. Dark Green Grey. EMATYTE.

https://gullam.jp/shopping/93252.html

こちらはグッドイヤーウェルト製法で縫われています。

通常のグッドイヤーウェルト製法はウェルトの幅が広く

カジュアルな表情になりがちですがハンドで縫い込んででいる為

その幅が通常のものと比べると極端に狭いことがとって見えます。

足のアーチの吊り込みも、吸い付くようなカーブを描いており

履いてもらうことで初めて、その技術力と素材の良さがわかってもらえます。

 

 

 

アッパーは、イタリア、トスカーナ州のタンナーの

最高級ホースクラッタレザーで、鞣された後、暗く光が入らない蔵の中で

適切な湿度を加えながら、経年させていくことで、より深い色が出ています。

ソールもイタリアの、トスカーナ州のタンナーのもので

バッファローレザーを使用しております。

 

 

このシューズの何がすごいのか解りやすいところで

ご説明しますとグッドイヤー製法にもかかわらず

コバの部分にステッチが全く見えないところになります。

通常のグッドイヤーはウェルトが広くステッチが見えてしまうのですが

このタイプはかなり狭くできているのでステッチが全く見えていません。

オールハンドで縫いこんでいるからこそ可能な仕様になります。

ここからも技術力の高さが見えます。

 

こちらはスペアのシューレースとヒールカップが付いています。

ヒールカップははき心地のためというわけではなく

中がむき出しなので隠したい方のために付いているのものですので

お好みでお使いください。

 

こちらは前述のタイプのダークグレーカラー。

素材、仕様などはすべて同じになります。

T5H0AB. Horse Leather Culatta Reverse Lace up Boots. Dark Grey. EMATYTE.

https://gullam.jp/shopping/93248.html

 

こちらは素材をワンピースで製作されたダービーシューズ。

こちらもステッチの見えないグッドイヤー製法で

素材もホースクラッタレザーで製作されています。

D20B. Horse Leather Culatta Reverse Derby Shoes. Dark Grey. EMATYTE.

https://gullam.jp/shopping/93242.html

 

こちちらはサイドに特殊な伸縮素材仕様になっている

アンクルブーツ。

伸縮するのでレースアップ仕様ではなく

着脱しやすくなっています。

SE0. Horse Leather Culatta Ankle Shoes. Dark Grey. EMATYTE.

https://gullam.jp/shopping/93246.html

こちらも今までご紹介した同じグッドイヤー製法で

素材もホースクラッタレザーを仕様しています。

 

 

こちらのブーツのすごいところはソール部分ですね。

今まではバッファローレザーソールでしたが

こちらはナチュラルラバー(天然素材で作られたゴム)で作られた

特殊フォームのソール仕様にしています。

ラバーソールは通常、セメント製法やマッケイ製法などと併せて製作されるのですが

こちらは珍しいグッドイヤー製法のみで製作されています。

通常グッドイヤーでラバソールの仕様にすることはあまりなく(難しいので)

そこからも技術の高さが伺えます。

 

こちらは早くもsold outいたしました。

D10A. Horse Leather Culatta Reverse Derby Shoes. Dark Grey. EMATYTE.

https://gullam.jp/shopping/93256.html

 

いかがでしたか。

EMATYTEは決してお買い求めやすい価格帯のブランドではありませんが

その価値に見合ったハンドメイドでしかできない高い技術力と

精神を有したブランドだと思います。

まずは店頭で実物をご覧いただければと思います。

 

また、今回はその作品性の高さからあえて着用画像の

ご紹介はいたしませんでした。

ご希望が御座いましたら着用の画像もお送りいたしますので

お申し付けくださいませ。

それでは本日は以上となります。

ご覧頂き有難う御座いました。

 

明日は定休日となります。

通販の発送やお問い合わせのご対応は木曜日にさせていただきます。

それでは失礼致します。

 

<年末年始の営業日のご案内>

誠に勝手ながら12月30日(日)から 1月2日(水)までの4日間につきましては

年末年始休業日とさせていただきます。

通販の受け付けは休業期間中も通常通り行なっております。

休業期間中にいただきました ご注文・発送、お問い合わせへの

ご返信は1月3日(木)よりご対応いたします。 

皆様にはご不便とご迷惑をお掛け致しますが何卒よろしくお願い申し上げます。

BLOG

NEWS

BRAND LIST

SHOES & BAG

ACCESSORY

Translate