NEW ARRIVAL



BEAUGANのAtelier Smock Jacket。

 

こんばんは。

本日の東京は雨。

雨のせいか気温が下がりむしろ寒いくらいでした。

 

 最近の東京の日中は昼間はカットソー1枚で

夜は軽い羽織のジャケットを着るのが丁度いいぐらいの

気候が続いていますね。

ファッション好きにとってはギリギリまでまだアウター類を

楽しみたいところです。

 

本日はBEAUGANのAtelier Smock Jacketに

ついてご紹介させて頂きます。

BEAUGANは今シーズンより取り扱いを開始

致しました日本のブランドになります。

ブランドについての説明等はこちらのBlogでも

ご紹介しておりますので宜しければご覧下さいませ。

https://gullam.jp/blog/beaugan/175016.html

 

BEAUGANはとてもいい雰囲気でしたので

思わず今シーズンの中でも

SNSの投稿が多くなってしまったかもしれません。。。

(あまり偏ると他のブランドに失礼ですね。。。)

ですがそれだけ個人的におすすめでした。

 

正確に言うと今回はジャケットというより

素材についてのフォーカスが多くなると思います。

 

デザインはオーバーサイズのフレンチワークジャケット。

フロントに配置された3つのポケットが特徴的です。

 

 

 

素材は日本で製作されましたJapanese Paper(和紙繊維)

を使用しております。

そもそも和紙繊維とは何か。

実は特に決まった基準や定義はないそうです。

おそらく製造しているところによってもまちまちです。

和紙の定義としては「多年生植物の葉・茎の長繊維」を使用とのことです。

和紙繊維もそうした植物の繊維を利用して

生産されています。

基本的に和紙繊維は繊維の中でも価格が上の部類なことが

多い気がします。

これは和紙繊維という特殊な素材であるが故にだと思います。

確かに繊維でない通常の和紙も、洋紙より高額なものが多いですよね。

 

 

和紙繊維の特徴としては汗をかいてもべとつきにくく、

サラッとしている、速乾性、

消臭・抗菌作用、軽量さがあると言われております。

リネンにも似ている気がしますが

又違った質感(独特のハリ、コシ)があります。

まあこれも製作の仕方によってはマチマチだと思いますが。。。

 

BEAUGANで使用しているJapanese Paper(和紙繊維)は

ハリ、コシ、ざらつきがあり生デニムやヘビーリネンなどとは

又違った質感になっています。

生デニムは硬いといった感じですが、

和紙はコシがあるといった表現が一番近いと思います。

またヘビーリネンにはない、ざらついた質感となります。

コシがあるので着用すると独自の皺が形成されていくのが特徴です。

こちらは今日撮影した着用していないフラットな状態。

 

こちらの画像は今回のお話用に袖を通し

皺を入れてみました。

袖全体に横皺が入っているのがわかるかと思います。

デニムやレザージャケットも着用していくと

皺が形成されていきますが

Japanese Paper(和紙繊維)同様に皺が出来ます。

今回用に少し袖を通しただけでこのぐらいできましたので

着込むとより皺の表情が増していくと思います。

 

並べてみました。

着方によっても皺のでき方が違ってきます。

普通に着てしまえば肘あたりにでき、

袖をまくり上げて着ると、袖口まで皺が形成されて行きます。

自分の着方によってオリジナルの皺に仕上がります。

また、BEAUGANの特徴である染色(こちらは柿渋染め)

が施されているため、微妙に個体によって濃淡が異なるのも

特徴です。

染色しているのでデニムのようなアタリや色の経年変化も

面白くなると思います。

柿渋染めは一般的には濃くなると言われています。

こちらは是非ご自身で確かめて頂きたいです。

 

 

季節的には春、秋にお使いいただける素材感です。

春は末ギリギリまで、秋は冬ギリギリまで

着用できると思います。

湿気が多い時期にはより適した素材です。

ざらついたドライタッチの質感なので

日本には特に向いている素材かもしれませんね。

最近の着用をいくつか掲載します。

(Instagramと同じものです。)

当店で取り扱っていますatelier suppanやGEOFFREY B. SMALL、

Andrew Driftwood、tagliolinoなどのブランドとも

かなり相性がいいです。

その他にはここ近年のDEVOAの雰囲気にもとても合わと思います。

 

Japanese Paper(和紙繊維)を使ったものは

柿渋染め以外にもフクキ染めと言う方法で

染色したタイプが御座います。

こちらもJapanese Paper(和紙繊維)との

相乗効果で非常に素晴らしい色の仕上がりになっております。

 

BEAUGANは自然の雰囲気もとても合うので

たまには撮影場所を変えて

自然がある中で撮ってみました。

と言っても自宅の庭ですが。。。

 

今回は素材についてフォーカスを当てて

ご紹介させて頂きました。

ご検討頂ければ幸いで御座います。

それでは失礼致します。

 

 

New BRAND "BEAUGAN"を着用致しました。

 

こんばんは。

本日の東京は晴れ。

気温が大分落ち着き過ごしやすい日でした。

 

入荷も一通り落ち着き、残りも僅かとなりました。

アウター系はすでに入りきり、

残すはDEVOA(主にTシャツ系)、vital、Araki Yuu(シャツ)

となります。

 

先日に引き続き”BEAUGAN”(ボーガン)を

紹介させて頂きます。

 

今回は着用のサイズ感等をメインにご紹介させて頂きます。

商品の素材や加工、ブランドプロフィールなどは

前回のBlogでご確認下さいませ。

https://gullam.jp/blog/beaugan/174822.html

 

webに更新しましてからお問い合わせやご来店が多くあり

sold outした商品も御座います。

誠に有難う御座います。

 

まずは泥染と藍染で染色をしたこちらのジャケットから。

SS22BEBZ1. Beuys Blazer. Mud Dyed Indigo Black. 2022SS. BEAUGAN.

https://gullam.jp/shopping/174171.html

 

こちらのサイズは0を着用。

“BEAUGAN”(ボーガン)は0から展開していますが

今回入荷したものは型によってサイズ感が異なるため

GULLAMでは商品によって入荷サイズを変えております。

 

ボディはボックスシルエットで全体的にゆったりとしたサイズ感です。

ヨーロッパサイズでいうとsize46前後ぐらいのイメージです。

画像ですと意外と体に沿ってフィット

しているように見えますが

身幅や袖周りなどゆとりがあります。

肩幅は広い作りではなくむしろレギュラーな

広さだと思います。

私の場合、肩幅が少し大きめなのでちょうどいいサイズでした。

Model 169cm 60kg size0

 

177cm 67kgのスタッフがsize0を着用するとこのような感じに。

余裕のあるサイズなので

比較的、size0でも幅広い体型の方に着用して頂けます。

画像ですと判断が難しいですが

着方は好みになってしまいますので

私(169cm 60kg)ぐらいの体型でルーズに

着用するのもオススメですね。

 

 

続いては同じデザインの柿渋染で染色したタイプです。

http://SS22BEBZ1. Beuys Blazer. Fermented Persimmon(Kakishibu Grey). 2022SS. BEAUGAN.

https://gullam.jp/shopping/174177.html

 

同じデザインなのでサイズ感は基本的に

同じぐらいのサイズ感でした。

こちらも柿渋染の色味がなんとも言えません。

画像よりも正直、実物の方がかなり雰囲気があります。

169cm 60kg size0

 

 

 

こちらでも177cm 67kgのスタッフで

size0を着用してみました。

着用しているサイズは同じなのですが

それぞれ体型の違うスタッフが着用しても

特にはバランスは問題ありませんでした。

あとは実際の着用感の好みになるかと思います。

 

ジャケットはまだ有りますが先に着用していた

パンツをご紹介させて頂きます。

SS22BBEMP1. Monkey Pants. Mud Dye Brown. 2022SS. BEAUGAN.

https://gullam.jp/shopping/174194.html

こちらは染色に奄美大島の伝統工芸である泥染を使用しています。

深いブラウン系の色味が特徴です。

 

今回はsize2のみの入荷です。

ウエストはざっくりと大きめですは

ドローコードで絞ることができますので

ベルトをしなくとも問題ありません。

一見すると大きそうなサイズに見えますが

169cm 60kgのスタッフが着用してもバランスよく着ることができます。

   

 

裾はフルレングスでお好みでロールアップして

着用することが可能です。

シャリ感のある素材で着用しやすく

個人的には吐く頻度が多くなるパンツです。

ゆったりとし、薄手なので真夏でも

着用が可能、冬はタイツなどを着用して頂ければ

通年対応することができる優れものです。

 

 

デリケートな素材感でもないので

使い勝手に関しては重宝していただけます。

 

シューズには

SUGUNARI MORIMOTOのVaqueta Reverse (Click here)を合わせました。

リバースとパンツの質感が非常に相性が良かったです。

他にはGUIDI & ROSELLINI(Click here)とも相性が良さそうです。

 

 

こちらは同デザインの泥染と藍染で染色したタイプ。

同じサイズを体型の違うスタッフで着用致しました。

SS22BBEMP1. Monkey Pants. Mud Dyed Indigo Black. 2022SS. BEAUGAN.

https://gullam.jp/shopping/174189.html

 

体型の違うスタッフの着用ですが

こちらもバランスよく履くことができます。

一つのサイズでもこのように体型が違う方でも

着用していただけるのがポイントの一つです。

model 177cm 67kg size2

 

 

ジャケットに戻ります。

デザインはオーバーサイズのフレンチワークジャケット。

染色は奄美大島に自生する福木という木から抽出したもので

発色の良い鮮やかな色味が特徴です。

SS22BEJK2. Atelier Smock Jacket. Fukuki Yellow. 2022SS. BEAUGAN.

https://gullam.jp/shopping/174183.html

 

 

こちらはsize1のみの入荷です。

同じくボックスシルエットでヨーロッパサイズの

size46前後といったサイズ感です。

綺麗な発色で春はこういった色味を着ていただくのも良い

のではないでしょうか。

model   169cm 60kg  size1

 

 

他のスタッフでも着用を致しました。

こちらも一つのサイズでも幅広い体型の方に着用して頂けます。

177cm 67kg size1

 

 

こちらも同じデザインの柿渋染で染色した

タイプが御座います。

SS22BEJK2. Atelier Smock Jacket. Fermented Persimmon(Kakishibu Grey). 2022SS. BEAUGAN.

https://gullam.jp/shopping/174180.html

 

 

こちらはsize0と1の入荷していますので

size0を着用してみました。

イエロータイプはsize1のみですが

着方によってサイズアップやダウンも可能です。

画像ではsize0と1の違いがわかりにくのですが

あとは着用した体感の好みで選んで頂けます。

私(169cm 60kg)でsize0を着用しましたが

着方によってはsize1を着用致します。

model   169cm 60kg  size0

 

 

続いてはサファリシャツ。

シャツはこちらの1方のみの入荷となります。

SS22BBESH1. Safari Shirt. Fermented Tea Dye. 2022SS. BEAUGAN.

https://gullam.jp/shopping/174196.html

染色はアトリエで手作業によるTEA DYE(紅茶染め) になります。

染色はもちろん使用しているホーンボタンも

色、大きさなど非常に良いバランスです。

 

 

こちらはsize1と2が入荷しております。

おおよそsize1=44~46、size0=46~48前後ぐらいの

イメージとなります。

model   169cm 60kg  size1

 

リラックスフィットなサイズ感なので

size1でもまだゆとりがあります。

着方によってはサイズをアップしても良いですし

ダウンして着て頂けます。

私(169cm 60kg )の個人的な感想としてはsize1

がちょうど良いサイズ感でした。

 

ちなみにこちらのスタッフでsize2を着用すると

このような雰囲気になります。

Model 177cm 67kg size2

 

 

最後はハットです。

2色ありそれぞれ染色種類が異なります。

SS22BEHT1. Six Panel Bell Hat. Fermented Persimmon(Kakishibu Grey). 2022SS. BEAUGAN.

https://gullam.jp/shopping/174199.html

こちらは柿渋染め。

中にはゴムが入っているので

かぶると少し伸びが御座います。

サイズは1のみでゴムを伸ばした状態で計測すると

おおよそ58cm 前後となります。

 

 

SS22BEHT1. Six Panel Bell Hat. Black. 2022SS. BEAUGAN.

https://gullam.jp/shopping/174201.html

こちらはアトリエにて手染めで

ブラックで染色しています。

 

“BEAUGAN”(ボーガン)の着用は以上となります。

ちなみに着用で合わせていたアイウェアは

iwasakiになります。

薄着になってくる季節はこうした

小物で遊ぶことができるので宜しければ

こちらもご覧ください。

商品はこちらのリンクよりご覧頂けます。

https://gullam.jp/shopping?brand=iwasaki

 

サイズ関東ご不明な点が御座いましたら

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

それでは失礼致します。

 

 

New BRAND "BEAUGAN"をご紹介させて頂きます。

 

こんばんは。

本日の東京は雨。

冬並みの気候に戻りましたが

明日からはまた気温が上がり春の陽気が戻ってくる様です。

春物のライトアウターが着れますね。

 

今回は、今期よりお取り扱いを開始致します

“BEAUGAN”をご紹介させて頂きます。

初めての入荷ですがどれも非常にいい雰囲気に仕上がっており

スタッフはテンションが上がりました。

 

ブランド名はオーストラリアのスラング、Bogan(野性的で武骨)と

Beautifulの二つの単語を組み合わせた造語で

読みは”BEAUGAN”(ボーガン)。

 

デザイナーはファッションの名門、

アントワープ王立アカデミーやテーラー、メゾンブランドなので

経験を積んできた

Christopher Hancy氏と、イギリスでファッションを学んだ

パートナーのMiko氏。

 

コンセプトは「Utilitarian clothing for everyday life.」。

忘れ去られた、あるいは知られざる技術やプロセスを

持つヴィンテージを発掘し、それを現代のコンテクストに

アップデートする。ヴィンテージの型から

着想を得ることにより、それらをより実用的、

合理的なパターンに昇華させたデザインを生み出します。

 

“BEAUGAN”の最大の特徴として日本で生産された

拘ったテキスタイルや、職人による手染め(草木染め)を施し

色やテクスチャの経年変化を楽しむことができるのが

挙げられます。

そのため、今回入荷しました商品も色物が多く

かなり雰囲気のある仕上がりになっております。

 

染色は専門の職人や、自身のアトリエにて

染色する場合もあります。

今回入荷しましたのはジャケットが5種類、

シャツ1種類、パンツが2種類、ハットが2種類となります。

 

 

まずはこちらのジャケットからご紹介させて頂きます。

今回は商品の素材や染色のご紹介で

着用は後日ご紹介させて頂きます。

(着用画像は更新しております。)

 

デザインはJoseph Beuys(現代美術家)が着用していた

フェルトスーツから着想を得たジャケット。

素材は日本産の和紙繊維を使用し、

独特のハリ、コシが特徴で着込むごとに

デニムのようにオリジナルのシワが形成されていきます。

ボタンはホーンボタン(本水牛の角)を使用しています。

 

 

 

 

染色は伝統工芸である泥染と藍染を施しています。

この価格帯の理由としては染色によるもの大きいです。

 

まず泥染は奄美大島のテーチギ(車輪梅)を煮出した

液を発酵させ、染色液を作ります。

それだけで染めると、茶系のピンク色に染まりますが

そこで奄美大島の鉄分を多く含む泥に、

職人が何度もつけ込んで媒染することで濃い茶色に染色させます。

この工程を何度も繰り返し重ね染することで

深い焦茶となります。

 

画像を見ていただくと、とても深いブラックに

仕上がっているのがわかるかと思います。

通常の染色ではここまでブラックに染める事はなかなかできません。

普通はもっと淡いグレー系に仕上がります。

 

これは泥染後に藍染の工程を加えることで、ブルーブラックと

呼べる深みのある“黒色”に染色しています。

通常、ブラックに染めただけでは

ここまで黒くはならず(普通はもっと淡いグレー系になります)、また

真っ黒という染色は自然会には存在せずこのように何色かの

自然の色をかけ合わせて“黒“を作り出すことで、

このような深みのある黒が生まれます。

さらに藍染をしていることにより、使い込むごとに

デニムのような藍色のあたりや褪色が出るのも特徴です。

我々も着用したことがないので

どのような経年変化が出るか非常に楽しみです。

 

 

2種類の染めを組み合わせているため

とてつもない労力がかけられているのがわかります。

ちなみに泥染の実際の作業工程が

ブランドのサイトに掲載されていましたので

引用いたします。

宜しければご覧下さいませ。

とても手間暇がかけられているのがわかります。

 

 

同じデザインでこちらは柿渋染で染色を行っています。

 

糸の段階で縦糸に白、横糸にグレーを使用した素材に

柿渋染めで一点一点、職人の手でオーバーダイ(重ね染)することで

温かみのある色合いに仕上がっています。

柿渋染めは、まだ青いうちに収穫した渋柿の

未熟果を搾汁し発酵熟成させたものを染料として使用しております。

歴史は古く、平安時代が発祥と言われ

伝統的な染め方となります。

優しい色合いで茶でもなくオレンジ色でもなく、

夕暮れ時のようなノスタルジックな色になり

また、使い込むごとに色やあたりの

経年変化を楽しんで着用頂けます。

 

 

続いてはこちら。

目が冴えるマゼンタ系のカラーです。

デザインの着想が非常に面白く、こちらは1930年代の

旧日本軍Type98をベースにしております。

良くヨーロッパやアメリカのヴィンテージミリタリーを

ベースにしているのは見ますが

旧日本軍のものは初めて聞いたかもしれません。

デザイナーがオーストラリア出身のためか

目の付け所が面白いですね。

素材は国内でゆっくり織られたフレンチリネン100%で製作。

ボタンはホーンボタン(本水牛の角)を使用しています。

 

 

染色は草木染めの一つのラックダイという方法で

青みのある紫色が特徴で、東南アジア産のラックという虫が

樹液を吸う際に分泌した成分を精製した染料を使用しております。

草木染めならではの奥行きのある色合いで使い込むごとに色やあたりの

経年変化を楽しんで着用頂けます。

 

ホーンボタンも一緒に染色しているので

こちらにもマゼンタ色に染まっています。

すごく綺麗に染まっていますね。

 

 

こちらも鮮やかな綺麗な色味が特徴です。

デザインはオーバーサイズのフレンチワークジャケット。

フロントに配置された3つのポケットもポイントです。

 

 

染色は奄美大島に自生する福木という木から

抽出した染料で染色した草木染めで、

一点一点、職人の手で染め上げております。

天然染めならではの鮮やかでソフト色合いに仕上がっており

使い込むごとに色やあたりの経年変化を楽しんで着用頂けます。

 

こちらもホーンボタンも共に染め上げているため

福木の綺麗な色に染め上がっています。

ホーンボタンまで染めているところは

意外とないかもしれませんね。

 

 

最後のジャケットはこちら。

デザインは上記と同じで染色は柿渋染で行っています。

 

 

続いてはシャツ。

今回は1型のみの入荷となります。

デザインとしてはフロントポケットと背面にある

2タックのディティールが特徴のサファリシャツ。

リラックスフィットのサイズ感で製作。

ボタンはホーンボタン(本水牛の角)を使用しています。

 

ボタンの大きさのバランスが絶妙で

素材とシルエットに非常にマッチしています。

 

染色はアトリエで手作業による草木染め 。

種類としてはTEA DYE(紅茶染め) の鉄媒染 による

グレー味のあるトープベージュ、マットな

色合いに仕上がっております。

紅茶染めも一回染めただけでは薄い仕上がりなので

おそらくこのシャツは何度も染色を重ねたのでしょう。

染色は時間がかかり大変な作業ですが

その分素晴らしい色合いに仕上がっております。

また経年変化もありますので楽しみながら着用して頂けます。

 

ボタンの色味も絶妙で言葉では言い表せない色味です。

 

お次はパンツ。

一つのデザインで2種類の染色を施しています。

デザインはヴィンテージのモンキーパンツから着想を得たパンツ。

サイドとバックの大きなアウトポケットが特徴的となっております。

 

 

ウエストはゆったりと取られており、

ドローコードで絞ることが可能です。

素材はコットンタイプライターを使用し、

ヴィンテージ感があり柔らかい素材になっています。

ボタンはホーンボタン(本水牛の角)を使用しています。

染色は初めにご紹介致しましたジャケットと同じく

伝統工芸である泥染と藍染を掛け合わせています。

こちらも着用していくとどのような経年変化になるか

非常に楽しみですね。

 

 

同じデザインでこちらは柿渋染のみを

施したタイプです。

柿渋染による深いこげ茶色はとても雰囲気があり

ブラックのものと組み合わせると

より一層雰囲気が出やすくなります。

 

 

最後はこちらのBell Hat。

グレー系のものは柿渋染で染色し

ブラックはアトリエにて手染めで染色しております。

 

 

いかがでしたでしょうか。

“BEAUGAN”は価格だけ見るとそれなりにしますが

それには染色という職人の手で一点一点

手間暇のかかる工程を経ているためという理由があります。

それをどう感じるかは一人一人異なりますが

GULLAMとしては自信を持ってお勧めできる

ブランドの一つです。

ご検討頂ければ幸いで御座います。

 

商品ページはこちらからご覧頂けます。

https://gullam.jp/shopping?brand=BEAUGAN

 

着用のサイズ感などはまた後日ご紹介させて頂きます。

それでは失礼致します。

 

BLOG

NEWS

BRAND LIST

SHOES & BAG

ACCESSORY

LIFE & INTERIOR

Translate