NEW ARRIVAL



EMATYTEから入荷が御座いました。

 

こんばんは。

本日の東京は晴れ。

入荷が続いておりBlogの更新の間が少し空いてしまいました。

 

日中はまだ残暑で暑さがありますが

朝晩は涼しさがありエアコンも要らなくなってきました。

もうすぐファッションが楽しめる気候になりそうです。

 

EMATYTEから入荷が御座いました。

早速お問い合わせを多く頂いており

サイズが欠けているものも御座います。

 

改めて見ますとやはり非常に美しい佇まいです。

靴ですが工芸品のような雰囲気があります。

 

また、雰囲気だけではなく職人(デザイナー)がハンドで行う拘った

製作方法がなんといっても一番の特徴です。

今回入荷しましたのはレースアップブーツとダービシューズ。

 

非常にシンプルなデザインですが

トゥの反り返りや丸み、かかとの丸みなどの造形美が素晴らしく

作品といっても過言ではありません。(もちろん履けます)

 

<EMATYTE>

EMATYTEは昔ながらの伝統的な手法と独自の美学によって作られる

イタリア(フィレンツェ)のハンドメイドによるシューズのレーベルです。

全ての工程を、デザイナー自らが行い、仕上げているブランドで、

その技術力の高さは、ソールにウッドネイル(木釘)を使用しており

ハンドメイドでしかできない技術の高さがみて取れます。

伝統に忠実でありながら独自の感覚、快適さ、そして味のある

雰囲気など全てのハーモニーを大切にし1足1足がまるでアートワークに

なるようEMATYTEは様々な試作を試みています。

時代の超越とコンテンポラリーな精神、そして新と古を繋ぐブランドです。

 

 

 

作りに関して色々な特徴があるのですが

特に特徴なのがコバの部分です。

製法がグッドイヤーウェルトなのですが

まずグッドイヤーとは図解ですとこのようなことです。

中底の端に、リブテープという T 字型のテープを接着し

そこへアッパーとウェルト(アッパーとアウトソールをつなげる

パーツでコバのこと)をすくい 縫いします。

その後ウェルトを介して表底(アウトソール)を

縫い付けることでつくりが丈夫になり

靴底の重厚感が出 ます。

 

この製法だと一般的にはウェルト(コバ)と表底(アウトソール)を

縫い付ける「出し縫い」と呼ばれるステッチが見えます。

コバに見えるステッチです。

※参考画像

 

しかし、EMATYTEそれを手作業で内側に縫いこんでいるため

ステッチが全く見えない仕様になっております。

通常の製法よりかなり手間のかかる方法で労力や技術力の高さが窺え

ビスポーク的なアプローチとなっております。

実際に作業しているところを見てはいませんが

見る人が見ればかなりすごい製作方法で、もちろんこれにより

履き心地が変わるなどそういったことではありませんが

技術を突き詰めていった結果なのかもしれません。

 

また、通常のグッドイヤーウェルト製法は一般的に

コバが広く出ているのが特徴で、カジュアルな表情に

なりがちですがハンドで縫い込んででいる為、

その幅が通常のものと比べると極端に

狭いことがとって見えます。

コバの処理ももちろんデザイナー本人がシェイプを

施しております。

 

 

また、土踏まずにあたる部分(アーチ部分)は吊り込みにより

(※アーチ部分は画像の赤いラインあたりです)

足の面が吸い付くようなカーブを描いており、

足全体が中底に触れることにより重力が分散され

履き心地さの向上に繋がりやすくなっています。

(もちろん個人差はあります。)

こればかりは履いて体感して頂くしかありませんね。

※吊り込みとは簡単に言うと甲皮を中底に張り合わせる

工程で熟練された技術が必要となります。

機能性、デザイン性どちらの面でもとても

洗練された美しい作品として仕上がっております。

 

 

他には靴の底のシャンク(土踏まずの部分に入っているパーツ)の

部分にあたるソール周りが

削りこまれており立体的な造形で製作しています。

※赤丸がシャンクが入っている部分です。

周りが削り込まれているのでシャンクが入っている

ソール部分が立体的になっています。

画像では分かりにくいのです。。。

宜しければ実物でご確認ください。

 

また、木型の土踏まず部分(赤のライン)もかなり細く

足に当たるギリギリまでシェイプされており

どちらも履きやすさに直接関係ある部分では

造形美を突き詰めた結果の仕立てとなります。

 

イタリア、トスカーナ州のベジタブルタンニンの

最高級ホースクラッタを使用しています。

モデルによってリバース(裏側)も御座います。

暗く光が入らない蔵の中で適切な湿度を加えながら

経年させていくことでより深い色が出ています。

油分を多く含んでいるため履き込んだ経年も楽しみな素材です。

また、水分を含ませ磨くことによりGULLAMの希望で

マットな質感に仕上げております。

 

また、1枚革で製作しているため靴全体の統一感、

洗練さが出ており最高級レザーの

素材感がより引き立ちます。

※一枚革ですが、縫い目はあります。

 

素材のホースクラッタは、臀部からお尻にかけての部位で

通常のホースレザーより取れる量が少ないので

希少な部位です。

さらに重厚で硬さがあるのでカーブなどの

加工がしにくい素材ですが(なのでバッグやお財布などに

使われることが多いとおもいます。)

写真を見ていただくとわかるようにカーブが強いトゥやヒールカップ部分は

継ぎ目なく製作されています。

一気にレザーを曲げてしまうと割れてしまうので

かなりの時間をかけゆっくりとカーブに馴染ませることにより

美しいフォルムを形成させています。

長い時間と技術力の高さがよくわかる部分です。

実際に実物を見て頂くと丸みが強いのが本当によくわかります。

 

ライニングには柔らかな質感のベイビーカーフレザーが

使用され足入れが良くなっております。

ソールは、イタリアの、トスカーナ州のタンナーの

バッファローレザーを使用し、軽さが特徴です。

馴染みやすさと、足入れの良さが特徴で、

ソールのカッティング、ウッドネイルの打ち込み、

削り込み、磨きだし、染色、すべてデザイナー自ら行っています。

 

この他にも履き心地に関して重要なお伝えしたい点があるのですが

どうやら文章ではあまり書いて欲しくないようなので

実際に店頭でお話しさせていただきたいと思います。

 

 

また全てのシューズにはスペアのシューレースが付属しております。

シューズの梱包ボックスはデザイナー本人が素材の選定、

製作、塗装をしている拘りようです。

 

EMATYTEはブランドの意向により価格表示をしておりません。

価格は商品ページの「御手数では御座いますが。。。」の

欄からお問い合わせ頂くかお電話で直接お問い合わせを

お願い致します。

Tel:03-6416-4700

 

EMATYTEは個人的には素晴らしいブランドです。

ぜひ実際にご覧、お試し頂きたい作品です。

まだ入荷間もないので控えていますが

実は個人的に狙っています(笑)

 

EMATYTEの商品はこちらよりご覧頂けます。

https://gullam.jp/shopping?brand=EMATYTE

 

 

明日は定休日となります。

通販の発送やお問い合わせの御対応は

木曜日にさせて頂きます。

それでは失礼致します。

 

 

BLOG

NEWS

BRAND LIST

SHOES & BAG

ACCESSORY

LIFE & INTERIOR

Translate