NEW ARRIVAL



DEVOAのWool Coat。

 

こんばんは。

以前、Blogでも告知致しました【期間限定ポイント2倍】キャンペーン

ですが明日までとなっております。

お得なキャンペーンとなっておりますので

宜しければご検討ください。

詳細は下記リンクよりご確認いただけます。

https://gullam.jp/blog/166919.html

 

東京は気温が下がりヘビーコートなども必要な時期になってきました。

ということで今回はDEVOAのこちらのWool Coatをご紹介させて頂きます。

CTK-KHM. Coat Wool. Dark Forest. 2021AW. DEVOA.

https://gullam.jp/shopping/164775.html

 

 

素材は先染めのウールを使用しヘリンボーン柄で製作。

最大の特徴は着用した際の軽さです。

見た目はメルトンウールなどのような重量感のある素材として映りますが

実際はライトジャケットを着ているかのような

軽さで、私個人の感想としてはストレスは全く感じませんでした。

冬場はどうしてもアウターが重くなってしまうものですが

このコートはそれを覆してくれます。

軽さは文章で書いても中々伝わりませんので

実際にお試し頂きたい商品の一つです。

 

 

他の特徴としてはこの色味。

ブランド表記ではDark Forestとなっています。

深みのあるオリーブやカーキ、それに少しグレーが加わった

言葉では表現しがたい色味。

シックでありながらしっかりと雰囲気を兼ね備えております。

また、ビビットな色ではないので他の色とも

意外と合わせやすいのもポイントです。

比較的、画像の色は実物に近い色です。

 

 

仕様としてはボタンがパラシュートボタン。

元々、実用面から生まれたデザインで

通常のボタン付けより強度があり、手間がかる仕様です。

 

 

裏にはボタンで取り外し可能なチンストラップ(首元を留めるパーツ)が

付いておりネックに取り付けることができます。

通常、チンストラップというと襟元に垂れた状態ですが

DEVOAは収納できる仕様にしております。

意外とありそうで無い仕様です。

襟元にチンストラップは好みが分かれるので

このコートはそういった好みにも対応できます。

 

 

素材や仕様など優れているコートですが

実際に着用するとどうかというのが一番気になるかと思います。

デザインとしてはとてもシンプルなので合わせやすく

また、先ほども書いたように軽い素材なので

着用する機会は多くなるコートです。

サイズ感はコートなのでゆとりがあり

薄手のジャケットの上からでも着用できるイメージで

製作されています。

人によってはスーツの上に着るコートとしてもおすすめです。

Model 169cm 60kg size2

  

 

 

 

 

様々な着方や使い方ができるのも

このコートの特徴です。

こちらではincarnationのレザーコートの上から着用しています。

寒い時期でもレザージャケット等を着たいという方は

多くいると思います。(店頭でもそのような話を多く聞きます。)

ですがレザーだけではやはり寒いので

このようにコートを上から着用していただくと

長い期間楽しむことが可能です。

Model 169cm 60kg size2

 

 

 

レザージャケットとも、もちろん相性抜群です。

中々こういった着方をする方は少ないかもしれませんが

このようにも合わせられる汎用性の高いコートです。

Model 169cm 60kg size2

 

   

 

 

今回ご紹介いたしましたコートはとても着やすく汎用性がありますので

とてもオススメで御座います。

宜しければご検討くださいませ。

 

また、DEVOA22SSシーズンの予約会を開催致します。

詳細は下記リンクよりご確認ください。

https://gullam.jp/blog/devoa/167117.html

 

 

DEVOA 予約会のお知らせ。

いつもGULLAMを御利用いただき誠に有り難う御座います。

 

12月3日(金)~12月6日(月)の期間に、DEVOA 2022 Spring & Summerシーズンの

予約会をGULLAM店頭で開催させて頂きます。

当日は商品サンプルが御座いますので、実際にご試着頂きご予約をして頂けます。

※弊社で買い付けをした商品の中からのご予約になります。

ご予約の際には約30%の内金を頂戴しております。

尚、量産に向けてサンプルを工場へ貸 し出している都合上、

一部のサンプルは御用意でません事をご了承下さい。

 

当日はアポイント制とさせて頂きます。

ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

※予約会開催中も通常営業をしております。

予約会に参加をご希望される際は

お電話または下記メールアドレスまでご希望日時のご連絡をお願い致します。

多くのお客様とご希望日時が重なってしまった場合は、

日程もしくは時間の調整をお願いする場合が御座います。

 

13:00から閉店時間1時間前までアポイント可能で御座います。

開催期間:12月3日(金)~12月6日(月)

営業時間:平日/12:30~20:00 土日祝/12:30~19:00

Tel:03-6416-4700

Mail:Contactページ

 

ご不明な点など御座いましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

当日はごゆっくりと有意義なお時間をお過ごし下さい。

アポイント及び御来店をスタッフ一同心からお待ちしております。

 

GULLAM.

Aging of GUIDI.

 

こんばんは。

Itouです。

今日の東京は気温がぐっと下がり昼間でも寒さを感じる1日でした。

 

昨日、遠方のお客様が東京出張の合間にご来店頂きました。

以前にもご来店されたことがあるのですが

私自身は実際にお会いするのは初めてでした。

遠方でご利用される方は通販が主体となるので

実際に会話をする機会が中々ありませんが

こうして直接お会いし、お話をすることで

よりお客様を身近に感じることができ、感謝の気持ちを伝えられる

貴重な体験となります。

お忙しい中わざわざ有難う御座いました。

(勝手にblogに書いてしまいすみません。。。)

 

今日はGUIDIの経年変化についてご紹介致します。

以前にもBlogで書かせていただきましたが

GUIDIの醍醐味は何と言っても経年による質感の変化。

柔らかく馴染みやすいので、シワの入り方や艶など

履き込んで行くことによって自分だけの一足になります。

 

私物で品番992(Classic Derby)というモデルを

こちら5年以上着用しております。

現在は992Xという992をベースとしたものが

店頭では主流となっています。

992Xはワイズが若干広くなったモデルで992と

見た目の違いはありません。

 

こちらの画像の左が私の私物で、右が新品ストックになります。

画像を見ると一目瞭然でシワや艶が生まれ

雰囲気が増しています。

モデルにもよりますがGUIDIの醍醐味はやはりこの懸念変化。

横も自分の足形に伸びていきますので

自分だけの形になります。

 

レザーシューズできになるのがお手入れ。

こちらの私物は全くしておりません。

たまに乾拭きや手でさするぐらいです。

お手入れをしなくともこの雰囲気。

普段、しない方にとってはより扱いやすいブランドだと思います。

 

 

品番993というタイプも持っています。

こちらは約2年ほど着用しています。

はじめ新品ストックはこういった雰囲気です。

 

こちらが私物。

ダービーシューズとはまた雰囲気が違いますね。

着用頻度や環境などによっても経年の仕方が違ってきます。

天然素材というのもありますね。

 

 

こちらはバックジップタイプの品番986になります。

バックジップというと988や788Zなどが有名ですが

こちらは少したかさが短いタイプとなります。

新品の状態はこちら。(Blackカラー)

 

 

スタッフの私物はブラックではなくCV86T(Dark Grey)カラーになります。

(このカラーはすでにsold outしました。)

バックジップの特徴は何と言ってもこの甲部分のシワです。

着用して約一ヶ月ぐらいなのですがすでにシワが形成されています。

履きこむとさらにシワが細くなり雰囲気も増します。

定番中のの定番といわれるだけ唯一無二です。

着用者によってシワの入り方も異なるのでまさに

オリジナルの一着に育ってくれます。

 

 

 

GUIDIは今回のような経年変化の風合いはもちろんの事

流行もなくまた様々なスタイルに合わせやすい

ので長年愛され続けているのかもしれません。

 

店頭では実際にスタッフの私物もご覧いただけますので

お気軽にお声がけください。

 

GUIDIのストックはこちらからご覧頂けます。

https://gullam.jp/shopping?brand=GUIDI

 

それでは失礼いたします。

 

 

BLOG

NEWS

BRAND LIST

SHOES & BAG

ACCESSORY

LIFE & INTERIOR

Translate