NEW ARRIVAL

2018AW入荷と2019SS展示会 etc...

こんばんは。

Ishikuraです。

 

東京は例年よりもかなり早い梅雨明けで

早くも夏全開といった感じですね。

 

個人的には夏大好き人間です。(海遊びが大好きなので)

しかし、ファッション的には夏はあまり面白くない季節でもありますよね。

アクセサリーや小物、Bagでアクセントをつけたいところです。

 

GULLAMの店頭には2018AW商品が入荷し始め来週あたりから前半のピークを迎えそうです。

それと並行して2019SSの買い付けもスタートしております。(頭の中が2018SS~2018AW~2019SS)

6月中旬から後半にかけてはParisでのファッションウィークが開催され

私も来年の春夏の買い付け出張に行っておりました。

傾向としては来年の春夏も緩めのリラックスしたアイテムが各ブランドでも中心となっており

私の好きな雰囲気でテンションは上がりました。

 

来年の春夏の傾向もそんな感じなので、今まで緩めのアイテムに抵抗があった方も

この秋冬から少しづつそんな傾向にチャレンジするのも良いのではないでしょうか。

 

今週から(7/9日現在) 始まる国内展。。(海外組の)

入荷と展示会が重なるこの時期が店頭に立つオーナーバイヤーとして一年で一番しんどい時期です。。

もう一人スタッフが必要そうです。(興味ある方はご連絡ください)

 

有難い事に少しづつGULLAMの名前を知って頂けるようになってから、デザイナーやブランドからのアプローチが

とてつもない数になっています。

全て見て回りたいのですが、店頭業務と並行しているのでなかなか難しいです。

そして、代官山と渋谷の間でひっそりと営業している小さいお店のGULLAMには、これ以上ブランドを増やす事は難しいですね。

更に、多業務を抱えているので展示会を回る時間も限られてくるので、

お付き合い的な展示会の見方をする余裕がないのでお誘いを受けて見に行っていないブランドが多数あります。

ブランドのデザイナーさん達からは冷たいと思われているかも知れませんね。(バイヤー業務以外の方が比重が大きいのでご理解ください)

本当に興味があったら何としても行きますが。

 

私は宝探しをしたいタイプのバイヤーなのでセールスよりも物で惹きつけられるブランドはいつでも探しています。

やはり、お客様に毎シーズン楽しんで頂く為にも「新たな発見」は毎シーズンご提案したいですね。

 

そして、残念ながらお取引を終了していくブランドも有ります。(理由は様々です)

こちらもビジネスですのでブランドやデザイナー(取引先としての)との相性や対応力、提案力、クオリティー等で

不満や不安を感じているブランドとは少ないシーズンで縁が切れてしまう場合が御座います。(皆様のお仕事でも当然ある事だと思います)

品質不良への対応や納期管理やメールの対応、コレクションでの魅力。。。(長く付き合うには相性が大切かも、彼女や奥さんのように)

それぞれのブランドには素晴らしい魅力は有りますが、GULLAMとして感じる魅力という意味です。

商品、ブランドはGULLAMなりに各ゾーンに分けております。

 

そして、私の考え方として大型店舗取扱いやお取扱店舗が大きく増えた場合に「身を引く」という考え方も持っております。

メジャーなお店で販売している商品やブランドを裏通りで小さなGULLAMが取り扱う意味を自分に問いかけています。

新たに参入するお店を止める事も可能なんですが、やる気満々で参入するお店さんを阻止するという行為も好まないので

道を譲るイメージで身を引きます。

 

知名度の高めなブランドとのお付き合いはGULLAM企画を製作して頂く。

まさにBACKLASHさんは本店が50m先にあるので、通常の商品であれば

お取扱する必要がないので、GULLAM企画をあえて提案させて頂いております。

 

なので、2018AWシーズンでお取扱を終了するブランドも御座います。

そして、店頭商品との兼ね合いでコレクション内容を見てワンシーズン様子を見るブランドも御座います。

 

ここだけはご理解頂きたいのですが、弊社で取り扱わなくなるのはネガティブな事だけではなく、

そのブランドやデザイナーが飛躍できるチャンスを邪魔してしまうかも知れないという気持ちもあったりします。。

 

お店の考え方もありますが、取扱をやめたブランド商品をすぐにSALE価格で投げ売りするお店も御座いますが、

私は最後までそのブランドのイメージを壊さず、定価でご購入頂いた顧客様や取扱い他店舗のイメージを越さぬよう

心がけております。

今後のそのブランドの飛躍を陰ながら応援しております。

 

最近はSALEのお問い合わせも大変多く頂いておりますのでこの場をお借りして。

 

店頭に来て頂いている顧客様にはオープン当初から私の考えをお伝えしております。

短文でのご説明は難しいですね。。

考え方は物作りをする現場(職人、工場へのリスペクト)、デザイナーやパターンナーへのリスペクトと

数日前に定価で購入されたお客様の気持ちを考えた時に

「顧客様還元SALE」とさせて頂きました。(SALE開始後の約半年後〜1年後くらいにひっそりとOUTLETにて販売致します)

これもWEBや店頭ではSALEの文字を出さないので、全くSALE感が御座いません。(顧客様へはメールかメルマガでお知らせしております)

 

SALEはお客様にとっては楽しみなイベントだと思いますし、私も消費者であるので十分理解しております。

私も1日も早くにSALEを行えばお店の売り上げ確保も計算出来ます。

しかし、アパレル業界がバブル後に業績を悪化させたのもSALE頼みになった状況からです。

それから約30年。(私がこの業界に入った頃からです)

変わらないんですね。

変えたいんですよね。

最初からセールを見越したブランドは最初から原価を落としてます。

工場や職人を苦しめてアパレルでのmade in japanの技術発展を止めたのもこの考え方からです。

(GULLAMで取り扱うブランドにSALEを見越した原価製作しているブランドが無い事を断言しておきます)

日本の技術者(アパレル産業)にプライドのある物作りをして頂きたいとGULLAMも立ち上げましたし、

製作に携わった方々に「あなた達が必死で製作した商品をメッセンジャーとしてしっかりとお客様に伝える」という

初心を忘れないようにと今でも意地を張って頑張っております。

 

ここも勘違いされないようにお伝えします。

いつもご利用頂いている顧客様にはSALEという還元方法ですが、お買い得なこの時期は

是非ともご利用頂ければ幸いで御座います。(今週末からの予定です)

(SALEを全面的にアピールをしないで、ご購入頂いたお客様の気持ちという部分も大切にしたいと考えております)

 

今後はどのようなスタイルで顧客様を満足させられるか。。

ここを試行錯誤しながら日々勉強しております。

 

各ブランドの2019SS展示を楽しみにしています。

 

お客様には、まず2018AWを期待していて下さね。(かなり自信あります)

 

そして、2018SSの「顧客様還元SALE」を是非ともご利用頂ければ幸いで御座います。

 

文章だけのBlogを最後まで読んで頂き有難う御座いました。

 

最後に。

西日本豪雨の被害に遭われた方々へ心よりお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

Chörds; 新ブランド

こんばんは。

 

本日の東京は晴れ。

気持ち良い天気です。

 

また、新たなブランドをプロデュースしております。

『Chords;』(コーズ)

職人的なブランドを発掘致しました。

主に手縫いで作品を作り上げる職人デザイナー。

価格帯を下げる為にミシンも併用して製作を依頼しております。

裁断から最終仕上げまで全て1人で行っております。

 

日本から職人が減っている昨今、貴重な若手職人です。

モノを作れる人にスポットライトを当てたくてprtlもプロデュースさせて頂きました。

モノ作り出身の私は微力ですが、職人をしっかりとサポートして行くつもりです。

prtl(ポルタユ)は6月末に行われるパリファッションウェークにも出展。(頑張って欲しいです)

技術を世界のバイヤーに見てもらって、意見を頂けるのはこれからの成長に必要なことです。

(世界にはモノを見れるバイヤーは少なくないですから)

 

『Chords;』

このブランドもレザーで有名なブランドのデザイナーからの紹介でした。

「すごく良い才能なので見てくれないか」から始まり。(今までの作品を見せてもらい)

5分後には「一緒にやろう!」といつもの即決。。(感覚だけで行動するのはバイヤーとして失格ですが・・・いつもの事です。。)

その日のうちに製作して欲しいアイテムを決めて、後日ブランド名を決定。

手縫いを主としているので製作期間がかなり必要となりましたが初回納品を見て

彼の仕事は素晴らしいと改めて実感しました。

デザインをシンプルにして雰囲気、サイズ感、素材感、テクニックを最優先に。

何より、売れる商品より自分が持ちたいモノを製作して頂きました。

 

また、素晴らしい職人と出会えた事に感謝です。

 

近日中に販売を開始させて頂きます。

 

少し写真を撮りましたので、

ご覧ください。

 

それでは失礼致します。

 

Horse Butt Leather

 

 

 

 

 

 

 

 

Araki Yuuの技術。

こんばんは。

Ishikuraです。

 

本日は春らしい気候でお花見日和です。(桜は8分咲き位でしょうか)

GULLAMから近い中目黒の桜の名所でもある

目黒川の桜にはかなり多くの人がお花見に行っているのではないでしょうか。

 

GULLAMはセレクトショップなので展示会等で買い付ける時にジャンル分けをしております。

比較的に買い易いブランド、かなり特徴的な作りのブランド、技術(作り)が凄いブランド等。。

 

本日は個人的に凄い丁寧で素晴らしい技術だなと思った部分をご紹介させて頂きます。

 

Araki Yuu.のボタンホール。

 

服の中でも脇役な部分です。

基本的には世の中で販売されている9割以上の洋服のボタンホールは

ボタンホール専用ミシンでホールを開けていると思います。(大きなコスト削減になるからです)

機械開けではホールとカンヌキで1穴数十秒ですが、手縫いホールは1穴数十分。。(圧倒的な時間と手間の差です)

縫製工場でも自社でホールを開けているのはごく一部でボタンホール専門業者(通称・・穴屋があるほどです)

 

主なボタンホールの種類としては薄手の素材を用いるシャツ等ではネムリホール。

 

ジャケットやコート等のしっかりとした素材を用いるときはハトメホールや眠りハトメホールを使うことが多いです。

(デニム等では流れハトメホールを使う場合が多いです。カンヌキが無いハトメホールです)

ドイツ製の DURKOPP社のホールミシンが有名です。

私自身も縫製職人時代は DURKOPP社のホールミシンを使用しておりました。(1日に数百個のホールを開けてました)

なので、機械開けと手縫い開けと誰よりも(バイヤー内では)簡単に見分けがつけられますが

Araki Yuuのジャケットやコートの手縫いホールは見分けがつかないほど綺麗でびっくりしました。

私自身も手縫いホールを経験していますが、とんでもない時間が掛かる割には綺麗に出来ずに断念したくらいです。

誰よりも大変さも分かっております。(個数が多いと途中から雑になる傾向がありますが・・)

Araki Yuuのボタンホールには気持ちの乱れを感じません。

本当に気持ちの込もった服作りをしていることが

脇役でもあるボタンホールからでも分かります。

 

抜き打ちで綺麗な物を選んだわけでは御座いません。(Arakiさん申し訳ございません)

 

Leather商品のホールもAraki Yuuらしく手縫いのホール。

素材の厚さに合わせてボタンの根巻きも高めに。

 

 

日本人らしい職人気質なブランド。

 

その部分を前面に出していないところも素敵です。

 

決して有名ブランドではないですが、私が職人デザイナーAraki Yuuの服に惚れ込んだのは言うまでもありません。

 

しっかりと作り込まれた服は着ていても言葉に表せない心地良さがあります。

 

日本では今後技術者が減るのは間違いないです。

縫製業界でも工場が年々減り続けてます。

 

Araki Yuuのようなブランドは本当に希少です。

 

今後も彼らの技術には注目して頂きたいです。

 

それでは

失礼致します。

 

 

 

BLOG

NEWS

BRAND LIST

SHOES & BAG

ACCESSORY

Translate