NEW ARRIVAL



DEVOAのコート。

 

 

こんばんは。

11月に入りコートなどのアウター類に意識が行く方も

多くなってきたのではないでしょうか。

 

今回はDEVOAのアウター3点をそれぞれご紹介させていただきます。

素材、シルエット、サイズ感がそれぞれ異なりますので

その特徴をご紹介させていただきます。

 

 

CTW-SCJ. Long Jacket Wool Silk Crazy Check. Black. 2020AW. DEVOA.

https://gullam.jp/shopping/142436.html

まずご紹介させていただくのはこちらのロングジャケット。

ロングジャケットという名前ですがいわゆるチェスターコートになります。

チェスターコートでも昨今の流れですとオーバーサイズのタイプのものが多いですが

こちらはDEVOAらしくすっきりとしたシルエット、サイズ感で

製作されています。

 

 

素材は経糸にシルク、緯糸にウールを使用し

クレイジーチェック柄で製作しています。

メイドインジャパンの素材となります。

モノトーンですがクレイジーチェック柄なので

シックな雰囲気がありながらも面白さも与えてくれる素材です。

 

 

 

 

ワンボタンタイプでボタンにはホーン(水牛の角)を使用しています。

天然素材なのでボタン自体にムラがあり一個一個異なります。

サイドにはポケット付き。

以前DEVOAのパンツをご紹介した際も書いたのですが

ポケットが深めに製作されています。

大きさだけで考えると長財布なども入ってしまう大きさです。

 

裏地はブラウン系のコットン素材を使用しています。

内側の左胸にはジップタイプの内ポケットがあります。

もちろんこちらも深めに製作されています。

 

 

身頃の裏地はコットンですが

袖の裏地はオリジナル柄がプリントされた

シルク素材を使用しているので袖を通すときの滑りが良くなっています。

 

 

すっきりとしたシルエットなので細身のパンツとの相性が非常に

良くなっています。

緩めが多い中、こういったスタイルは新鮮に感じてしまいます。

サイズ感は私(169cm 59kg)で通常は size1を着用。

冬などは厚手にニットなどを見ることがあると思いますが

厚手のものでも着用できるゆとりはあります。

テーラードジャケットなどをインナーに合わせる場合は

さすがにサイズ1はきつめなのでsize2を着用いたします。

サイズ感はインナーに何を合わせるか次第なところがあります。

 

 

素材感はシルクも混紡されているので滑らかさもあり

ウールのしっかりとした適度な厚みがございます。

 

 

CTI-SGS. Coat Wool Canapa Soft Gabardine. Black. 2020AW. DEVOA.

https://gullam.jp/shopping/138975.html

続いてはこちらのステンカラータイプのコート。

デザインや素材はもちろん先ほどのコートとは変わるのですが

サイズ感も異なりなどの違いがあります。

 

 

フロントはボタンはホールタイプではなく糸ループタイプとなります。

 

裏地の素材や内ポケットなどはチェスターコートと同じです。

 

 

 

チェスターコートとデザインや素材以外での一番大きな違いはサイズ感です。

こちらはインナーに同素材のジャケットを着ていますが

コートも含め全てサイズ1を着ています。

先ほどのチェスターコートですと中にジャケットを着るには

 ワンサイズ上げなければなりませんでしたが

こちらのコートはジャケットと同じサイズで着用することができます。

ルーズというほどのサイズ感ではありませんが程よいゆとりがあります。

 

 

素材はイタリアの高級老舗ファブリックメーカーFaliero Sarti社によって

Virgin WoolとCanapa (麻の一種)で製作されたギャバジン。

以前、同素材のパンツをご紹介させて頂いた時に

素材の動画を載せていましたが

今回はコートでも撮りました。

 

 

 

 

 

CTK-RFW. Hooded Coat Virgin Wool Compressed. Black. 2020AW. DEVOA.

https://gullam.jp/shopping/141421.html

最後はこちらのフーデッドコート。

今までのコートとはまた異なった雰囲気でサイズ感も一番ゆったりとしています。

 

 

 

フロントはボタンループ使用で、二段階の調節が可能です。

 

 

裏は今までのコートとは異なり、前身頃のみ裏地が付いていまして

後ろ身頃と袖には付いていません。

特に滑りが悪いという素材ではありませんので袖も問題なく通ります。

裏地をつけていない部分が多いのは

憶測になりますが一枚にすることにより少しでも素材を

軽やかに見せたかったのではないかと思います。

 

 

このコートで特に特徴的な部分がフード部分です。

長くDEVOAを見てきている方なら知っているかもしれませんが

フードはDEVOAの代表的なディティールです。

立体的にパターンを製作、さらに素材を2枚重ねることにより

下げた状態や被った状態でも綺麗な形を保ってくれます。

 

 

 

 

サイズ感は本日ご紹介しましたコートの中で一番多くゆとりがあり

オーバーサイズで製作されています。

普段、size2をきている方でもsize1を着用することもできると思いますが

バランス良くは製作されているので特にサイズを下げる必要はないかと思います。

インナーを着込まれる方には特にです。

 

 

素材は圧縮したヴァージンウールを使用。いわゆるメルトン系の素材になります。

製作はイタリアの高級老舗ファブリックメーカーFaliero Sarti社。

肌触りはコシのあるメルトンではなく柔らかい風合いなので

ハリがあってピンとなるのではなく裾の広がりがナチュラルな表情になります。

 

 

今回は以上となります。

それぞれ異なった特徴のコートをご紹介させていただきました。

ちなみに全て価格は同額で¥90,000+taxとなります。

サイズ感は小さい方からCTW-SCJ(チェスター)→CTI-SGS(ステンカラー)→CTK-RFW(フード)

となります。

ご検討いただければ幸いです。

 

ご不明な点等ございましたら

お気軽にメールかお電話でお問い合わせください。

コンタクトフォーム

 

 

 

BLOG

NEWS

BRAND LIST

SHOES & BAG

ACCESSORY

Translate