NEW ARRIVAL



CROMÄGNONの“SENSU”( Japanese Fan).

 

こんばんは。

本日の東京は雨。

相変わらず不安定な天気で折りたたみ傘が手放せません。

 

この時期に丁度ぴったりのプロダクトが

CROMÄGNONから入荷致しました。

定番的に出している“SENSU”( Japanese Fan)。

英語で書いていますが扇子のことです。。。

ファッション性もありながら、暑い時期に使える実用的な商品です。

 

今までも入荷したことがありますが

毎回大変ご好評頂いております。

CROMÄGNONはファッションブランドというより

プロダクトブランドに近く、今回のような扇子なども展開しています。

素材から作り込みに関してかなり拘っております。

宜しければご覧下さい。

 

CS-HSKL. “SENSU”( Japanese Fan). Peony. CROMÄGNON.

https://gullam.jp/shopping/110945.html

京都の老舗扇子メーカーである山岡白竹堂にて製作した京扇子。

京扇子は扇面・扇骨・仕上げ加工などすべての

工程を京都・滋賀を中心とした国内で

生産したものの事を言います。

「京扇子」の名称は京都扇子団扇商工協同組合が有し、

組合員だけが使用できるものです。

扇子が仕上がるまでに、骨作りから地紙づくり、

絵付け、組み立てなど約88の工程があり、

そのほとんどが手仕事で熟練の職人の技術を要するため、

とても手間暇がかかります。

こちらの扇子はその伝統や技術とCROMÄGNONの現代の

技術的ノウハウを組み合わせた扇子になります。

 

 

山岡白竹堂は享保三年(1718)に開業。

なんと江戸時代から続いている老舗中の老舗です。

 

親骨、扇骨は農唐木染めにより手作業で染色しているため

濃淡が一点一点異なるのが特徴です。

扇面は紙ではなくシルクを使用し、柄は写真家の

LEN氏による写真をプリントしています。

この綺麗なカラーはPeony(ピオニー)と付けられています。

芍薬の花(しゃくやくのはな)を撮影したもので

古典園芸植物のひとつで牡丹によく似た花で

紅色や桃色のほか、紫紅色や白、黄色などが多様な色があります。

 

使わないときには収納できる扇子袋が付いております。

 

扇子専用に製作した桐箱のケースもあり、ケースも含めて

CROMÄGNONとしての一つのプロダクトとなっております。

桐箱は全て揃って表面に焼き加工を入れて表情を出すように仕上げ。

全ての素材、製作する職人も含め製作するにあたって

全て純国産にこだわり抜いたCROMÄGNONの扇子です。

 

扇子は持っているだけで涼しげな印象を与えてくれますね。

薄着のシーズンはこうした小物で

遊んでみるのもいかがでしょうか。

 

 

こちらは色違いでAgate(アゲート)と言います。

扇麺のシルクだけではなく骨組みの色も異なっています。

CS-HSKL. “SENSU”( Japanese Fan). Agate. CROMÄGNON.

https://gullam.jp/shopping/179864.html

 

 

まだまだ暑日が続きますので

これからを乗り切るためのお供としてオススメな商品です。

宜しければご検討下さい。

 

明日は定休日となります。

通販の発送やお問い合わせのご対応は

木曜日にさせて頂きます。

それでは失礼致します。

 

BLOG

NEWS

BRAND LIST

SHOES & BAG

ACCESSORY

LIFE & INTERIOR

Translate