NEW ARRIVAL



GUIDIが入荷いたしました。

こんばんは。

本日の東京は雨。

今日は涼しいというよりは少し寒い日ですね。

 

本日は、最近入荷いたしましたGUIDIをご紹介させていただきます。

今回入荷したものは定番中の定番である品番992のダービーシューズと

その型をベースとした品番993のブーツタイプ、バッグとなります。

 

 

GUIDIといえば何と言っても最大の特徴はレザーの

経年変化ですね。

 

私自身、私物でダービーシューズを持っていますので

そちらとの違いをまずはご覧ください。

 

画面向かって右側が私物、左側が入荷しました新品になります。

2年間ほど今日まで使ってきたものになります。

表面の光沢が増し、シワもいい表情で

入っております。

 

弊社では柔らかく馴染みの良いホースレザータイプを

よく入荷しており、着用していくうちに甲の横幅が私の足の形に

合わせて馴染んでいきました。

馴染みが非常に良いレザーなので

初めは無理のないややタイト目ぐらいのサイズを

お選びいただくのが良いかもしれません。

 

着用するとこのような感じです。

着用するとわかるのがレザーであるにもかかわらず

非常に軽いということです。

また、レザーも柔らかい。。。

履いていてもあまり疲れず、個人的にはかなり

履きやすいブランドだと思っています。

自分で履いていると、見慣れて経年変化に気づきにくいですが

やはり新品のものと比べると一目瞭然ですね。

是非この経年を楽しんでいただきたいです。

 

それでは入荷した商品をご紹介させていただきます。

No.993から。

No.993. Laced Up Boots. CV31T( Military Green ). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/119950.html

シンプルで流行り廃りもないブーツなので非常に使える形です。

シーズン的にも通年着用着用していただけます。

先ほどの私物の画像のように、着用していくと

甲にシワが入っていき、またブーツタイプなので

くるぶしあたりなどにもシワがはいっていくと思います。

 

GUIDIでは品番によってですが

GUIDIのロゴ入りのビブラムソールが付属しております。

こちらの品番にも付属しております。

お好みでお使いくださいませ。

他にはスペアのシューレースも付いています。

 

カラーはCV31T( Military Green )というタイプで

これが非常に良い色となっています。

色ものですが、合わせやすい色味でスタイリングのアクセントとなります。

個人的にはかなりオススメのカラーでお問い合わせも多くいただいております。

私も狙っていますw

パンツには相性の良いatelier suppanを合わせました。

基本的に何とでも相性はいいと思います。

例えばデニムでもいいかもしれません。

 

C23T( Burgundy )も入荷しています。

こちらもスタイルのアクセントとしても非常に使えます。

No.993. Laced Up Boots. C23T( Burgundy ). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/119952.html

 

 

こちらは王道のBLKT( Black )です。

No.993. Laced Up Boots. BLKT( Black ). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/119947.html

 

 

 

続いてはダービーシューズ。

ダービーシューズは以前入荷した際にも

かなり早く無くなってしまうものが多かった印象です。

No 992. Classic Derby. CV31T( Military Green ). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/119943.html

こちらでもCV31T( Military Green )が御座います。

本当に良い色味です。

 

続いては1006T(Red)。

もともと店頭にストックがありましたが

少なくなっていましたので追加で入荷いたしました。

No 992. Classic Derby. GUIDI. 1006T(Red).

https://gullam.jp/shopping/62221.html

 

もちろんBLKT(Black)も御座います。

No 992. Classic Derby. BLKT(Black). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/62219.html

 

ちなみに今回入荷したシューズのサイズ感ですが

普段size41を着用することが多いスタッフはsize41を、

普段size42を着用することが多いスタッフはsize42を

履いております。

 

続いてはバッグのご紹介をさせていただきます。

 

SP06. Soft Horse Full Grain + Nylon. 2 way Bag. CV31T(Military Khaki). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/112762.html

GUIDIでは珍しいHORSE leatherとナイロン素材のコンビネーションバッグになります。

色はシューズでもあったCV31T(Military Khaki)。

非常に面白いバッグで反転させることにより、ショルダーバッグと

ハンドバッグの2パターンで使用することができます。

それぞれポケットの仕様、見た目などが変わる非常に面白いバッグで、

気分やスタイルによって変えられることができる万能型のバッグです。

 

こちらの状態はハンドバッグ型になります。

前後サイドにアウトポケットがあり

使い勝手もよく、スタイルのアクセントとしても使えます。

 

ストラップは長さがあり、手でも肩にかけても

持つことができます。

 

 

そしてこちらは反転させてショルダーバッグとなります。

大きさも変わり、こちらの方が少し小ぶりなサイズになります。

 

着用するとこのような感じに。

気分やスタイルによって変えることができるので

非常に面白いアイテムです。

仕様もただ反転させるだけで簡単に変えられます。

寸法は商品のリンクに記載しておりますので

そちらでご確認ください。

 

こういったタイプも入荷しております。

S05_RU. Coated Shoulder Bag. CV31T(Military Khaki). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/112757.html

デザインはいたってシンプルですが素材感が面白く

こちらはHORSE leatherのリバース面に樹脂コーティングを施しております。

リバースのムラと影響しあってコーティングにもムラができているのが特徴です。

アウトポケットが一つ御座います。

 

面白い点がマチ部分はレザーソールと同じ仕様で製作されております。

 

サイズ感はお財布など必要最低限なものは

入る大きさとなっています。

 

こちらはBLKT(Black)カラーです。

S05_RU. Coated Shoulder Bag. BLKT(Black). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/112755.html

 

 

今回の入荷したアイテム以外に、前回入荷した物もご紹介させていただきます。

 

204M. NEW HIKING. Horse Full Grain. CO51T. GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/112674.html

19AWシーズンより新たに出たハイキングブーツで

既存のものよりもすっきりとしたフォルムになっています。

素材はホースレザー、カラーはグレー系になります。

こちらのレザーも初めから柔らかく馴染みのいい素材です。

 

 

GUIDIならではの野暮ったさもありながら

小ぶりな印象で

No.19のハイキングシューズとは全く違った雰囲気となっています。

緩めのパンツやレギンススタイルとも合わせやすいですね。

 

こちらは同型のブラックカラーとなります。

204M. NEW HIKING. Horse Full Grain. BLKT(Black). GUIDI.

https://gullam.jp/shopping/112669.html

 

 

そして最後はGUIDI & ROSELLINI。

こちらもご紹介しておりませんでしたので是非ご覧くださいませ。

 

そもそもGUIDI & ROSELLINIとは伝統あるGUIDI社本来の名前

(正確にはCONCERIA GUIDIE ROSELLINI社)でもあり

その社名を冠したファクトリーブランドとなります。

 

GUIDI & ROSELLINIは今は途絶えてしまった皮鞣し(なめし)の技法を復活させました。

Vachetta(ヴァケッタ)と呼ばれる雌牛の皮を使用しています。

皮革本来の状態を大切にすることを考え、首周りや、胴体など

それぞれの部位の本来の厚みはそのまま残し、靴のパーツにあったものを

あてがっています。

例えば革の比較的厚い部分は踵に、薄くやわらかい部分は足首に、一番分厚い部分は靴紐に。

現在、このように部位に依って異なる厚みに鞣された皮革を靴に

裁断出来るのは極めて僅かな職人のみです。

また、鞣しは化学物質を含む染料を一切使わず、革の持つ自然な色に深みを出す

ベジタブルタンニン鞣しを施すことにより

年月と共に風合いが増してまいります。

 

Ruggero 1906 M. Vacchetta Reverse. CV NTR. GUIDI & ROSELLINI.

https://gullam.jp/shopping/112751.html

こちらはバケッタリバースを使用したアンクルブーツ。

経年とともに色濃くなっていき

それぞれの着用される方によっても経年の仕方が異なると思います。

経年という点においては一番、顕著に現れやすく楽しみな

素材でもあるかもしれません。

 

ソールはヴィブラムソールとなっております。

 

ブラック系の中に合わせるとアクセントとなり

色気漂う雰囲気となります。

ブラック系ではなく、ナチュラル系の服と合わせてみるのも

いいかもしれません。

 

 

こちらは短靴タイプとなります。

Morosino 1907 M. Vacchetta Reverse. CV NTR. GUIDI & ROSELLINI.

https://gullam.jp/shopping/112690.html

 

 

また、この他にもバッグジップ、フロンジップブーツ、

Womensもストックが御座います。

こちらのリンクからストック商品を全てご覧いただけます。

https://gullam.jp/shopping?brand=GUIDI

 

 

それでは本日はこの辺で失礼いたします。

明日は定休日となります。

通販の発送やお問い合わせのご対応は木曜日にさせていただきます。

ご了承くださいませ。

 

<Webショッピングでのキャッシュレス決済について。>

消費税増税に伴い2019年10月21日から2020年6月末日まで

WEBショッピングでのキャッシュレス決済が

下記の対応サービス対象となりました。

この機会に是非ともご利用下さいませ。

現在のところWEBショッピングでのみのご対応となりますが

店頭でも順次対応予定でございます。

もうしばらくお待ちくださいませ。

 

 

BLOG

NEWS

BRAND LIST

SHOES & BAG

ACCESSORY

Translate