NEW ARRIVAL



AVIALAEのディティールと素材。

 

 

こんばんは。

本日の東京は晴れ。

早いもので11月後半になりました。

 

寒さに備えてか最近はARTEFACTのボンバーヒート素材の

動きが多くなってきています。

気になっておりました方は是非ご検討くださいませ。

 

 

本日はAVIALAEについての素材やディティールをご紹介させていただきます。

AVIALAEの特徴として、高機能素材や

面白いディティール使いの多様しており個人的には好きなブランドの一つです。

 

 

 

まずはこちらのミリタリーコート。

 

 

 

トレンチ風の要素を取り入れており

ネック部分にチンストラップ(襟裏に収納されている小さなベルト)や

アームベルト(袖口のベルト)が御座います。

元々、これらのベルトは寒風や雨風の侵入を防ぐために

取り入れられたディティールらしく

ミリタリーウェアの機能的デザインの一つとされています。

 

 

メインポケットは左右についているのですが

それとは別に、右メインポケットの横に

止水(防水)ファスナーで製作されたサイドジップがついています。

 

 

背面には同様に止水ファスナーで製作された

収納スペースが御座います。

おそらく実際のミリタリーウェアですとこのように背面にポケットが付いて

いることが多いので、それをモチーフにつけたのかもしれません。

普段着用するには、実際に使用することはほとんどないと思いますが

AVIALAEにとっての遊び心と、ミリタリーウェアに対するオマージュなのかもしれませんね。

使用するかはわかりませんが実際にモノは入ります。

 

 

袖側面にも面白いギミックがあります。

肘部分にはアクションプリーツが入っており

肘を動かす際に、動きやすくなっています。

こちらもミリタリーウェアに多いディティールですね。

 

 

バックに右側には、スナップボタンで開閉できる

ベンツ仕様となっております。

もちろんこちらは動いたり座ったりする際の動きやすさのためです。

スナップタイプにすることによりベースのミリタリー要素と

非常にバランスよく仕上がっています。

 

 

裏地にもこだわっております。

こちらは一見するとただの地図に見えますが

戦時中に使われていたエスケープマップ(兵士が敵の捕虜として拘束された際の脱出マップ)

がプリントされたスカーフのヴィンテージ柄をプリントしています。

見えない部分にもしっかりと遊びを聞かせ

ブランドらしさが出ていますね。

 

サイズ感はインナー一枚でも着ていただけますが

中にジャケットを着ることもできるルーズフィットサイズで

製作されていますので冬場でも活躍していただけます。

ミリタリーコートですが落ち着いたクラシカルな雰囲気も

併せ持っていますので他にはスーツの上からでもお使いいただくのも

いいかもしれません。

個人的にはこの普段着でも使え、スーツなどにも合わせられる汎用性が

魅力の一つと感じています。

 

 

素材は高機能素材を使用しています。

スイスの老舗テキスタイルメーカー・STOTZ社のeta PROOFと言うもので

英国の伝統的なパフォーマンスコットンで長繊維を緻密に

織り込むことによって外部の風や雨からの防御性を発揮する撥水性と同時に

自然な通気性を確保する透湿性に優れた素材になります。

コットン100%で天然繊維ならではの自然な肌触りや風合いがありながら

高密度なのでドライタッチでコシのあるナイロンの質感にも仕上がっているおります。

元々、イギリス軍用に生産されていた素材でもあるので、ミリタリーコートの形としては

とても相性の良い仕上がりとなっています。

価格は素材によるクオリティが大きいかもしれません。

 

 

商品はこちらからご覧いただけます。

A-231-06. Military Coat / eta PROOF. Black. 2020AW. AVIALAE.

https://gullam.jp/shopping/141644.html

 

 

 

 

続いてはこちらのジャングルファティーグジャケットを

ベースしたジャケットです。

 

 

大きな特徴はやはり前面に配置された4つのアウトポケット。

ただのポケットではなくマチがついた立体ポケットとなっています。

こちらもミリタリーの代表的なディティールで

機能性を備え、通常のポケットよりも手間のかかった仕立てとなります。

 

 

さらに右下ポケットの上にはジップポケットが付いています。

ポケット、かなり多めですw

 

 

左前からサイド、バックにかけてはベルトが取り付けられております。

縫い付けられており、特にウエストを絞れるわけではなく機能面はないのですが

AVIALAE流のミリタリーを意識した遊び心のディティールなのではないかなと思っています。

 

後ろ襟付近についているのカラビナは本格派カラビナブランドの敢えて山での使用が不可能な

ファッション性を重視したものを使用していますので、普通の付属屋では取り扱いのないものです。

こちらはAVIALAEのコレクションの中でよく見られるディティールです。

 

 

こちらのジャケットにも、背裏のみですが

スケープマップ(兵士が敵の捕虜として拘束された際の脱出マップ)がプリントされた

ものを使用しております。

 

 

素材は1858年にイギリス・ヨークシャー州で創業された名門ファブリックブランド、

ブリスベン・モス(Brisbane Moss)社のコーデュロイをしています。

この会社はコットン素材を得意とし、このコーデュロイ生地は

創業当時と同じ製法で製織、剪毛、染色されたものになります。

コーデュロイのオリーブというと、くすんだカーキ色が多い気がします。

このような深い、the olieveといったカラーはコーデュロイ素材ではあまり見かけることがなく

珍しい色合いかなと感じました。

なのでありそうでない素材なので個人的にはかなり好きなバランスです。

こちら素材感になります。

 

商品はこちらからご覧いただけます。

A-234-06. Jungle Fatigue Jacket. Olive. 2020AW. AVIALAE.

https://gullam.jp/shopping/141646.html

 

 

本日ご紹介させていただきましたAVIALAEはミリタリー要素を多く取り入れています。

ミリタリー自体はいつの時代も定番ジャンルで

特に流行にもとらわれることなく

飽きずに長く着用していただけるのではないでしょうか。

個人的にはAVIALAEオススメのブランドでございます。

ご検討いただければ幸いです。

 

ご不明な点等ございましたら

お気軽にメールまたはお電話でお問い合わせください。

コンタクトフォーム

 

 

明日は定休日となります。

通販の発送等は木曜日にご対応させていただきます。

それでは失礼いたします。

 

 

BLOG

NEWS

BRAND LIST

SHOES & BAG

ACCESSORY

Translate